“もうひとつのK-POPシーン”、韓国インディーズおしゃれサウンドコンピ2タイトル発売

ツイート
韓国の優秀な芸術系大学生が集まるおしゃれな街、ホンデ(弘大)地区発信のインディーズアーティストから、最近特に注目を集める全10組を厳選したコンピレーションCD『HONGDAE STYLE』が11月21日にリリースされる。

弘大(ホンデ)とは、ソウルの芸術・美術系の大学である弘益大学校 (ホンイック テハッキョ) の略称で、芸術・美術系では韓国トップ・クラスの大学周辺エリアのことも指すという。そのため、多くの優秀な若者がホンデで学び、芸術家、デザイナー、設計士、フォトグラファーとしてデザイン業界、広告業界、放送業界(映画・音楽業界を含む)、建築業界、音楽業界などで個性を発揮し活躍している。

そんな大学の影響からか、この周辺には学生を対象にした画材店や美術用品店があるだけでなく、おしゃれで個性的なカフェやバー、クラブ、雑貨店などが建ち並ぶ。特にクラブは、音楽好きのDJや業界関係者、10~20代の若者が数多く集まる人気スポットにもなっており、この弘大(ホンデ)はソウルの若者文化を感じることができるエリアのひとつと言って良い。

そして、弘大(ホンデ)にはライブハウス(ローリングホールなど)もたくさんあり、東京で例えるなら下北沢のようなエリアでもある。その弘大(ホンデ)地区を拠点に活動し、良質の音楽を発信しているミュージシャン達を選りすぐったのが今回のアルバム『HONGDAE STYLE 01』と『HONGDAE STYLE 02』だ。

今作の選曲・監修を担当したのは、日韓を通じて精力的に活動し、現在は韓国の人気アーティストのZE:Aや韓流スターのイ・ジュンギなど、作詞とボーカルディレクションで活動の幅を広げているthe Indigo のタオカミキ。韓国クラブシーンを代表するエレクトロ・ユニット「Romantic Couch」、韓国最大級の音楽フェス「ジサン・バレー・ロック・フェスティバル」への出演も果たしている「Mongoose」など10組のアーティストの作品が今回の2タイトルには収録され、韓国インディーズシーンの入門書的なコンピとして今後もシリーズ化される予定になっているので、“HONGDAE STYLE”の今後のラインナップにも注目だ。

『HONGDAE STYLE 01』(WMP-1010)
『HONGDAE STYLE 02』 (WMP-1011)
発売日:2012年11月21日
価格:各\1,995(税込)
発売元:WPACS! 販売元:渡辺音楽出版株式会社
(各10曲収録/5アーティスト×2曲)
<参加アーティスト>
■Romantic Couch
エレクトロの第1世代として有名なプロデューサーのジョンジャメン(電子マン)と魅力的なボーカルと美貌を持ったJade(キム・ジヘ)との出会いで結成。
シングルの「Ebian」(LP)でエレクトロミュージックのビルボードとも言えるイギリスの 「Juno record chart-deep HOUSE」部門で初登場の1位となり、世界が注目する韓国代表のエレクトロミュージシャンになる。
■Neons
「Mongoose」のリードヴォーカル、モングーのシンセポップ・ソローユニット。キラキラ光る宇宙空間の星を歌うように、ロマンチックでグルーヴ感溢れるダンスミュージック。
今回収録される「星の歌」は韓国MBC TVドラマ 「トリプル」のサントラに収録されたことで有名になった楽曲。
■Ukulele Picnic
韓国の伝統音楽のバンド「IS」で、加羅琴(カヤグム)奏者としても活躍している女性ヴォーカル「キム・ジナ」、「ハチとTJ」の「ジョ・テジュン」、映画音楽監督の「イ・ビョンフン」で構成された韓国で初めてのウクレレ・ポップバンド。
ウクレレの演奏と清涼な歌声が素晴らしい。
■Soul Train
パワフルな歌声とオリジナリティーで存在感を伝えるソウルバンド。歌唱力と共に、完成度の高いアレンジで新しいサウンド感を打ち出す。
古き良き時代のブラックミュージックを中心に数多くのライブ活動をしてきた彼らは、韓国ホンデシーンのインディーズの中でもビックバンドスタイルの代名詞となってきている。
■Yoon Young Bae
韓国のシンガー・ソングライターの最高峰の大会である「ユ・ジェハ歌謡祭」でブロンズ賞を受賞。1999年、Conservatorium van Amsterdamに留学後、映画音楽とジャズヴォーカリストの「ナ・ユンソン」のアルバムに参加。
2010年には、ギター・ヴォーカルだけのソロアルバムを発売。2012年2月に2枚目の「チョム・ウッキン(ちょい笑える)」を発売し精力的に活動中。
■Mongoose
ダンサブルなリズムとサイケデリックなサウンドが混合したダンス・ポップを聞かせてくれる3人組のユニット。
少年のような感性のストレートな歌詞とメロディーでビート感溢れるサウンドをベースに、完成度の高いグルーヴミュージックを聴かせてくれる。
■Rocket Tree
2009年に3人組のロックジャズバンドとして結成された「ロケット・トリオ」から変遷されて、現在の「ロケット・ツリー」になる。
様々な音楽的経験と演奏力のベースを兼ね備えた5人組の実力派バンドとして、疲れた心を癒す温もりが伝わる音楽を披露してくれる。
■One Punch
パク・ソンド(ギター、ヴォーカル)とソ・ヨンホ(キーボード、ヴォーカル)で構成された男性デュオ。
豊かなサウンドと繊細な情緒が感じられる上質なポップス。悲しい毎日を生きていく私たちに伝えてくる、愛情を込めた暖かい感性のポップス。
■Go Chan Young
韓国のシンガー・ソングライターの最高峰「ユ・ジェハ歌謡祭」の第2回大賞を受賞した、韓国のマンハッタントランスファーと呼ばれた「ナッソンサラムドゥル」の元リーダー。
2012年5月に2枚目の「Look Back」を発表し、2012ソウル・ジャズフェスティバルに参加。7月にソロコンサートと2012Jarasum国際ジャズ・フェスに参加した。
■秋休み
2009年に結成された2人組ユニット。「ブロコリーノマジョ」出身のケピー(シナモン)と「オンニネ・イバルガン(お姉さんの理髪店)」出身のボビーの出会いだけでもインディーズ界で注目を集めてきた。
日常を語るボビーの歌詞と、聴いた人をホッとさせるケピーの生まれ持った歌声とのマッチングは抜群!
この記事をツイート

この記事の関連情報