安室奈美恵、新曲「Damage」のリリックビデオを公開

ツイート
映画「黄金を抱いて翔べ」の主題歌として書き下ろされた安室奈美恵の新曲「Damage」のリリックビデオが解禁された。

「Damage」は、安室奈美恵として初めて配信限定リリースされる楽曲で、着うた(R)はすでに配信中。レコチョクでは配信スタートから連日のデイリーチャート1位を記録している。

映画『黄金を抱いて翔べ』の井筒和幸監督より「『人生を賭ける男ども』の話なので、そこに負けまいと挑みかかるような、エモーショナルな女性の歌声が一番望ましいと思った」「いわゆるJ-POPらしくない、とにかくカッコいい楽曲がいい。」というアプローチを受けて制作された楽曲は、安室がこれまでに発表した楽曲の中でもひときわハードなロックナンバーだ。

リリックビデオとは、楽曲の歌詞(リリック)で構成された映像で、Alicia KeysやP!nk、LINKIN PARKなど、世界を代表するアーティストも自らの作品を表現するために用いている、世界で注目の映像技法。安室奈美恵が自身の楽曲のリリックビデオを制作するのは初めて。安室奈美恵クラスの日本のメジャーアーティストがリリックビデオを制作すること自体、稀といえるだろう。

なお、「Damage」の“ミュージックビデオ”は11月に公開される予定。着うたフル(R)およびPC配信は10月31日より。


◆BARKSかわいこちゃんねる
◆安室奈美恵 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報