【連載】THE BOHEMIANSの5人全員かたまりダイナマイト連載[Vol.22]ビートりょう「高慢日記」

ツイート

ムッシュかまやつとの世代を超えたコラボレート“THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ(ザ・ボヘミアンズ・アベック・ムッシュかまやつ)”名義によるザ・スパイダースの名曲カバー集『THE SPIDER BEAT』で、ロックンロールを愛する者同士の温故知新なロックンロールを聴かせてくれたTHE BOHEMIANS。12月5日には今年(2012年)2枚目のアルバム『BOHEMIANS FOR LIFE』のリリースを控え、これまでの活動を総括するベストツアーを開催しているTHE BOHEMIANSの魅力にさまざまな角度から触れていただく「5人全員かたまりダイナマイト連載」。第22回目は、ギターのビートりょうが日々の気になったエピソードを鋭角的に切り込む(!?)「高慢日記」です。

◆ビートりょうの「高慢日記」
◆第5回:「THE BEST OF THE BOHEMIANS Volume 1ツアーの最中です。」


THE BOHEMIANSのビートりょうです。僕らは今、THE BEST OF THE BOHEMIANS Volume 1ツアーの最中でございまして福岡、大阪、札幌公演が終了し、残すは東京、恵比寿リキッドだけでございます。とてもいい感じです。私事ですが福岡公演の日が誕生日だったので、会場のお客さんからのハッピーバースデイの歌のプレゼント! そしてアンコール終わりでメンバー、スタッフさんからの特大ケーキのプレゼント! とても嬉しかったです。ありがとうございました~。

突然ですが
僕のビートりょうというロックン・ロール・ネームは、あの「ビートたけし」から由来するものなのですが、皆さんご存知でしたか?

そうです、僕はビートたけしが好きなのです。芸人ビートたけしは僕にとってのロックン・ロール・アイドルなのです。

たけし好きがキッカケとなり、最近落語にも興味が湧いて来た訳なんですが、ここはひとつ演芸を世界を生で体験してやろうという事で、遂に行ってきました。人生初の「寄席」に。

ちなみに
寄席(よせ)というのは、日本の都市において落語・浪曲・講談・漫才・手品などの技芸(演芸)を観客に見せるため席亭(興行主)が経営する常設の興行小屋である。なお、演芸を行う場所としては、文字通り演芸場(えんげいじょう)もある。だそうです。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

向かったのは浅草。
かつての日本のエンターテイメントの中心地であり、映画館や劇場が数多く会った場所。
芸人たけしの故郷でもありますので、僕にとっては聖地です。
劇場に入るのは今回初めてです。
ここが浅草演芸ホール。元浅草フランス座。たけしがエレベーターボーイをしてた劇場ダヨ。

プログラムは基本的に昼の部、夜の部とがあり、チケットは大人2500円。
落語・漫才・漫談・マジック・曲芸・ものまね、とにかく何でも出てきて楽しめる、ライブハウスのようなトコロです。
中では弁当やお菓子なんかも売っていて、食べながら見る事もできます。実際ホールに入った瞬間弁当のにおいがしました。

客席はいい感じ埋まってました。

僕が観たのは昼の部

ロケット団(漫才)
林家種平
丸山おさむ(ものまね)
橘家圓蔵
三遊亭圓歌
林家ぺー(漫談)
林家正蔵
林家三平

といった方々が爆発していました。

この日は初代 林家三平 三十三回忌追善興行という事で、林家正三、三平の挨拶なんかもあり、
「あ、こぶ平だ。本物だ。」と思わず普通の感想を持ってしまい、TVで日曜の夕方ヒロミとやってた「モグモグGOMBO」という番組を思い出しました。

正直言って行くまでは、腹かかえて大爆笑みたいな事は期待して無かったのですが、これが、なかなかどうして、面白かったです。笑いました。

この日初めて知って良かったのが三遊亭圓歌。この人ぁ良かった。オリジナル落語「中沢家の人々」面白かったなぁ。
楽しみにしてた橘家円蔵も見れて良かったです。まるでBo Diddleyみたいでした。見た目が。
林家ぺーの漫談も壮絶でした。
最後に二代目三平の源平盛衰記を聞いて帰りました。

あ~楽しかった。
演芸場でお客さんと一緒に笑う面白さ。新しかったです。

落語はCDやYouTubeでも楽しめるけど、やっぱ生が一番ですよ奥さん。なんて偉そうに思ったりもしました。

いやぁ、次はどこの演芸場に行こうかな~楽しみだな~
なんだか、ロックン・ロール・バンド活動そっちのけで寄席の世界にハマっちゃいそうですが、
それだけは「よせ」なーんつって★

どうも失礼しました。

◆「THE BOHEMIANSの5人全員かたまりダイナマイト連載」まとめページ



THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ
『THE SPIDER BEAT』
2012年10月3日発売
FLCF-4436 ¥1,500(tax in)
1. フリフリ
2. メラ・メラ
3. モンキー・ダンス
4. あの時君は若かった
5. なればいい
6. なんとなく なんとなく
全6曲

Major 3rd album
『BOHEMIANS FOR LIFE』
2012年12月5日発売
FLCF-4444 ¥2500(tax in)
1 MONO
2 The Comeon
3 That Is Rock And Roll
4 もしも ~if~
5 つめたくしないで
6 It's OK
7 MY GIRL
8 Paint It White
9 KISS ME BABY, LIFE IS VERY SHORT
10 BROTHER
11 チャックベリーはアメリカ人

<THE BOHEMIANS ワンマンツアー2012
~ THE BEST OF THE BOHEMIANS Volume 1 ~>
2012年10月19日(金)福岡・DRUM SON
2012年10月21日(日)大阪・梅田CLUB QUATTRO
2012年10月28日(日)北海道・札幌KRAPS HALL
2012年11月4日(日)東京・恵比寿LIQUIDROOM

<第9回 東京国際ミュージックマーケット「ショーケースライブ」>
日程 :10/25(木)
時間 :START 18:30 (予定)
会場 :Zepp DiverCity Tokyo (http://hall.zepp.co.jp/divercity/)
出演 :THE BOHEMIANS 他
チケット :応募招待制
応募方法 :9/18(火)より、第9回東京国際ミュージックマーケットのサイトにて受付
http://www.timmkt.jp/event/live.php
TIMMオフィシャルサイト :http://www.timmkt.jp/
USTREAMで生放送があります :http://www.ustream.tv/channel/tokyo-international-music-market

<タワーレコード渋谷店リニューアルオープン&B1F「CUTUP STUDIO」
オープン記念 “LIVE LIVEFUL!”
~THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ SPECIAL LIVE!~>
日程 :11/24(土)
時間 :START 19:00
会場 :タワーレコード渋谷店 B1F 「CUTUP STUDIO」 (http://tower.jp/store/kanto/Shibuya)
出演 :THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ
参加方法 :ご予約者優先で、タワーレコード渋谷店、タワーレコード新宿店にて、10/3リリース THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ「THE SPIDER BEAT」(FLCF-4436)をご購入の方に、CD1枚につき1枚の入場予備券を配布致します。
お問い合わせ :タワーレコード渋谷店 03-3496-3661

◆THE BOHEMIANSオフィシャル・サイト
◆FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT
◆THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ対談

  
この記事をツイート

この記事の関連情報