ジョン・レノンの歯、ペンダントに

ツイート

2011年秋、オークションで落札された故ジョン・レノンの臼歯がペンダントになり、口腔癌など口内の健康への関心を高めるため、英国各地の歯科医院を巡回している。

◆ペンダント画像

この歯はレノンが1960年代、ハウスキーパーとして働く女性にあげたもの。2011年11月にカナダ人の歯科医Michael Zukが19万5,000ポンド(約2,500万円)で落札し、ペンダントにした。今回、口腔癌啓発月間のキャンペーンで使用されることになり、英国内の16の歯科医院で展示されるそうだ。

Zuk医師は「ビートルズの歯が、この大事なプロジェクトの役に立てて嬉しい」と話している。UKでは2010年1,985人もの人が口腔癌により亡くなっており、この数は過去10年で激増しているという。

最初にこのネックレスを一般公開した歯科医院は「地元の人たちに、手遅れになる前に口腔癌を発見するチャンスを与えることができて嬉しい。患者も素晴らしいアイディアだと思っている。ジョン・レノンの歯を首にかけて、写真を撮る人もいる」と話している。

ペンダントはアメリカのジュエリー・デザイナーAri Sofferが制作したそうだ。

Ako Suzuki, London

◆Michael Zukサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報