【FM西東京『世界進出計画』66回】 高知県の亜子さん「離れて暮らすお母さんに聴いてほしい……」と応募

twitterツイート

“オンリーワンよりナンバーワン”なFM西東京(84.2MHz)の抱腹絶倒音楽オーディション番組『世界進出計画』(毎週木曜深夜24:00から)。11月8日放送もまた、10月のオープニングテーマとなった哲生「惨敗」を弄るところからスタート。さらにかおり嬢(CANDY TRiP)の“未知との遭遇ファッション”や、Maikaさん(me-me*)の“近くで見るとドキッとする”セクシーなスタイルに軽く触れつつ、早速、寄せられた楽曲を紹介(なお、この日のふたりのファッションに迫った記事は、本稿下段リンクのまとめページから読むことができる)。

◆FM西東京『世界進出計画』66回目 番組収録 画像

■ no wise「タラレバ」
強いて言うならHi-STANDARDの勢いに似たものを微かにまとったような、2人組の3ピースバンド(?)。かおり嬢の「私の心の穴は埋められなかった。」というつぶやきに「君の心の穴は人間じゃ埋められないよ!」とツッコむMC POUも「元気のいい音なんだけど、歌に入ると入ると弱くなるねぇ。」と、コメント。「さわやかな感じはいいんですけどね、歌がもうちょっと……。」と、Maikaさんも残念そう。ところが「第1シーズンで『西東京音頭』を送ってきてくれた人じゃないか?」「MaikaちゃんのTwitterのフォロアーにいるんじゃないか?」という話が出ると、「私、さわやかな感じ好きですよー。」「じゃあ、次も頑張ってくださーい。」と、MaikaさんとPC POUが手のひらを返したかのような発言を。そんな大人たちの処世術を目の当たりにして思わず声を上げるかおり嬢であった。

■ 山本大作「転がりなよ坊や」
古き良き時代を彷彿とさせる作品に「上手いんだけど、ちょっと、今風のエッセンスが感じられないので古く感じてしまう。」と、実力は認めるMC POU。ちなみにMC POUの解説によると、この曲全編にわたってモンキーズの「恋の終列車」のギターフレーズが入っているなど、随所に60年代の要素が詰め込まれているんだそうだ。一方、かおり嬢が読み上げたプロフィールから、トークはカセットテープの話に。「あの頃はTSUTAYAでレンタルしたのをカセットに入れて……」「自分のオリジナル(テープを)作って。」というかおり嬢とMaikaさん。とにもかくにも「ポール・マッカトニーみたいに、若い人と上手く絡んで要素を入れてほしい。」とのこと。


■ 亜子「明日はそこに」
高知県の35歳、子育て中の亜子さんは、いつか離れて暮らすお母さんに自分の歌声を聴いてほしい……ということから番組に応募。「お母さん、見つかりましたよ。」というフレーズすら聴こえてきそうな雰囲気の中、楽曲を試聴。「例の一派が作っているのは間違いない。」「懐かしいサウンドですね。」「すごい畑が見えたもん、一面、畑だった。軽トラックの後ろに乗って歌っている。」と、おなじみ、高知県の主婦・伊藤池華里さんと同じ匂いを敏感に感じ取る3人。しかし「歌は気持ちなんで、これからも歌い続けて、成長した姿を聴かせてください。」と、普段は言いたい放題にバッサバッサ切り捨てていくこの番組としては珍しく、しばしの癒しの時間となったようだ。

■ mute vox「ever green」
ツインボーカルのロックバンド。「いろんなジャンルの音をミックスさせた」ということで期待を持って聴いてみると、確かに“いろんな音がミックスされてそのまま出してしまった”かのような楽曲。「ツインボーカルという割には、ツインの声が聞こえない。ただのコーラスになってた。」「歌が始まってガクッときた。」「イントロはツェッペリン風だったのに、歌入ってジャニーズ風になった。」「声だけ聴くと高校生なんだけどいくつなんだろう。」「イントロカッコ良かったのに、メジャーなのかマイナーなのかよくわからないまま、歌でモロに……。」「気持よくミックスしてくれないと。」「ラーメンにアンコを入れたような。」「自分たちの音を整理して。」と、ザックリと番組中の3人の発言を拾ってみたが、つまりは、そういうことだろう。

■ Gling glo.「ハレルヤ」
今週最後に登場したのは、番組でもテーマソングに選ばれたこともあるGling glo.。「ほかとは違う自分たちの個性を出した曲を」というクリエイターの努力を感じることができる、玄人受けしそうな作品。ただ、そのアーティスト(発信側)目線とリスナー(受け手側)目線は時に一致しないのが難しいところ。「サビがどこかわからない。」「パーツがいっぱいありすぎて。」等々の感想の中、Maikaさんは「聴き終わった後に口ずさめるようなフレーズがほしい。<オンリーワンよりナンバーワン>みたいな。」と、ここに来て散々ネタにしていた10月オープニングテーマである哲生「惨敗」を例に持ちだして指摘。やっぱりみんな、なんだかんだ言っても「惨敗」好きなんじゃん、という再確認をしつつ、この曲は「CMにしたときに、ここを使う!という、15秒で聴いた人がファンになる推しの部分がほしい。」というコメントにすべてが集約された。

今週の楽曲紹介が終了し、「“逆に、何この曲?”みたいなのも聴きたい。」と、リクエストを出すかおり嬢。「実は、番組では紹介できないレベルの曲もある。」というMC POUに、Maikaさんも「じゃあそんなインパクトある曲を紹介するコーナーを作りましょう!」と乗り気。オーディション番組として、比較的高めなクオリティーを保っている作品ばかりを紹介してきたこの『世界進出計画』において、“決してそうではない楽曲”を紹介する新コーナーは生まれるのか? 今後の展開も聞き逃せないものとなりそうだ。

なお、番組では12月に向けてクリスマスソングなども募集している。また聞き逃した放送回はポッドキャストで聴くことができる。

text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)
◆『世界進出計画』記事まとめページ(ポッドキャストへのリンクも)
◆『世界進出計画』~西東京から世界へ~ オフィシャルサイト(サイマルラジオで全世界試聴可能)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報