大友康平、突発性難聴を乗り越えアルバム完成

ツイート
大友康平が名曲たちをバラードアレンジでカヴァーした『J-STANDARD BALLADS』が、11月7日にリリースされた。

大友は7日、突発性難聴のために片方の耳がほとんど聴こえないことをブログで告白。発病したのは昨年(2011年)3月の東日本大震災から数カ月後のことで、手術を受け安静期間もとったが、症状の回復はみられなかったという。

そして、「現実をしっかり受け止め、“それ”と正面から付き合うことにした。」「1年以上の月日が経ち、その間、スタッフに支えられながら、ライヴも行った。幸い「歌う事」には、支障がないことが分かった。嬉しかった!」と心境を綴っている。

そうした苦難を乗り越えて完成したのが、本作『J-STANDARD BALLADS』だ。「スローなブギにしてくれ (I want you)」「雪の華」「ガラス越しに消えた夏」など、様々な年代で歌われてきた珠玉のバラードや名曲たちを、敬愛と尊敬の意を込めてバラードアレンジでカヴァー。歌うことの喜びを改めてかみしめているような、音楽への愛と感謝に満ちた作品となっている。

New Album
『J-STANDARD BALLADS』
2012年11月7日発売
XNBG-10010 ¥3,000(税抜)
M1.かもめはかもめ・・・研ナオコ/中島みゆき(1977年)
M2.接吻 kiss・・・オリジナル・ラブ(1993年)
M3.PRIDE・・・今井美樹(1996年)
M4.スローなブギにしてくれ (I want you)・・・南佳孝(1981年)
M5.雪の華・・・中島美嘉(2003年)
M6.ガラス越しに消えた夏・・・鈴木雅之(1986年)
M7.小さな恋のうた・・・MONGOL800(2001年)
M8.スローモーション・・・中森明菜(1982年)
M9.涙そうそう・・・夏川りみ(2001年)
M10.シングルベッド・・・シャ乱Q(1994年)
M11.TRUE LOVE・・・藤井フミヤ(1993年)
All Arranged By 鳥山雄司
※スペシャルボーナストラックにHOUND DOG のバラードを再録

◆大友康平オフィシャル・サイト
◆大友康平オフィシャル・ブログ
この記事をツイート

この記事の関連情報