ウィル・ヤング、アイランド・レコーズに移籍

ツイート
ウィル・ヤングが10年以上契約を結んできたソニー・ミュージックを離れて、アイランド・レコーズに移籍したようだ。英オーディション番組『ポップアイドル』シーズン1で優勝した後にソニーと2002年に契約を結んで、現在まで5枚のスタジオ・アルバムをリリースしてきたウィルだが、今回ソニーを離れて、ライバルのユニバーサル・ミュージック傘下のアイランド・レコーズと新しく契約を結んだという。

◆ウィル・ヤング画像

ウィルは今回の移籍について「オーディション番組で優勝してから、伝説的なアイランドと契約を結べたこの10年は本当に夢のような道だよ」と語った。

そんなウィルは現在まで、英ヒットチャート第1位を記録したアルバムを3枚持っていて、残りの2枚も2位という好成績を残してきた。いずれの作品もプラチナ・アルバム以上の成績を記録しており、イギリスのオーディション番組出身者の中で最も成功した男性アーティストのひとりとなっている。
この記事をツイート

この記事の関連情報