インエクセス、解散?

ツイート
1980年代に「The One Thing」「Original Sin」「Need You Tonight」などのヒットを飛ばしたオーストラリアのバンド、インエクセスが解散を発表したと伝えられている。

バンドは6thアルバム『Kick』(1987年)の25周年を記念しツアーを行なっていたが、日曜日(11月11日)、オーストラリア/パース公演でドラマーのジョン・ファリアスがオーディエンスを前にバンド解散を告知したという。現在のところ、正式な発表はなされていない。

ジョン(Dr)、ティム(G)、アンドリュー(Key)のファリアス3兄弟にマイケル・ハッチェンス(Vo)、ギャリー・ゲイリー・ビアーズ(B)、カーク・ペンギリー(Sax)によって結成されたインエクセスは1980年にデビュー。数多くのヒット・シングルを生み出した。『Kick』は世界中で1,000万枚以上のセールスを上げている。

1997年にカリスマ・フロントマン、ハッチェンスが亡くなりバンドの存続が危ぶまれたが、テレンス・トレント・ダービー、アメリカのテレビ番組でオーディションを行ない発掘したJ.D.フォーチュンなどをヴォーカリストに迎え活動を続けてきた。現在は北アイルランド出身のCiaran Gribbinがフロントマンをつとめている。

インエクセス解散のニュースは広く出回っているため、間もなくバンドから肯定なり否定なり正式な発表があるものと思われる。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報