後藤まりこ、大阪初ワンマン大盛況!終演後は約束通り本人がお見送り

ツイート

7月25日にソロデビューアルバム『299792458』をリリースし、その後、本人初舞台となる『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』に約1ヵ月出演して話題となった後藤まりこが、地元・大阪は梅田Shangri-Laにて11月9日(金)、ソロデビュー後初となるワンマンライブを行なった。

◆後藤まりこ 画像

大阪でのライブは、6月9日に心斎橋BIG CATにて行なわれたイベント<-JUNGLE☆LIFE創刊20周年記念- ジャングル☆ライブ>出演以来。凱旋ライブとなる後藤を一目みようと、会場には多くの女性を含むファンが訪れた。

後藤はひとりステージに登場すると、ヴォーカル・サンプラーを駆使した即興パフォーマンスでファンの耳と目を釘付けに。

「後藤まりこです」の挨拶をきっかけに、メンバーが次々にステージに現れ楽器を鳴らし始め、カオスな音の洪水が徐々にアルバム収録曲「ドローン」のイントロへと収斂していく様は鳥肌もの。ミュージシャンとしての確固たるキャリアを築くメンバーのパフォーマンスは、圧倒的な後藤の存在感にも霞むことなく、各々の個を際立たせている。

アルバム収録楽曲を中心に、未発表の新曲も演奏され、新たな一面を垣間見せた。

“破壊”のイメージが強かったミドリに比べ、多彩な表情を魅せるソロでのステージングは、熱を帯び、ヴォルテージを高めていっても祝祭感を創出している印象。とは言え、勿論“ハードコア”な一面は健在で、最後フロアや後方のカウンター上で劇唱する様は圧巻! 東京公演を控えているので多筆は避けるが、アンコールでの潔すぎるパフォーマスも清々しさを感じさせるものだった。

そしてこの日は、本人がTwitterで宣言していたように、自ら公演後すぐに会場入口で観客ひとりひとりを見送るという歓待ぶり。地元・大阪への愛と、待っていてくれたファンへの感謝を感じさせる光景だった。

なお、東京公演は11月24日(水)恵比寿LIQUIDROOMにて行なわれる。NATSUMENのホーン隊(スターシップ)を迎えてのパフォーマンスが予定されており、こちらも見逃せいない夜になりそうだ。

ワンマンライブ<299792458 TOUR>
2012年11月24日(土)恵比寿LIQUIDROOM
開場 17:00 / 開演 18:00
前売 立見¥3,500(ドリンク代別)
(問)HOT STUFF 03-5720-9999

ソロデビューアルバム
『299792458』
2012年7月25日発売
DFCL-1915 ¥2,300(tax in)

◆後藤まりこ オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報