エミリー・サンデーが見せた、力強く美しい歌声と愛、包容力

ツイート
2012年、英国で最もブレイクした新人シンガー、エミリー・サンデーが11月11日(日)、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでパフォーマンスした。“念願だった”というストリングス・グループ(ヴァイオリニスト5人、チェリスト3人)との共演はエミリーの美しいヴォーカルをさらに際立たせ、これまでとひと味違うスペシャルな公演になった。

◆エミリー・サンデー画像

エミリーはこの夜、ビクトリア時代に建てられた会場に相応しいシックな装いでステージに登場。フル・バンドにストリングス・グループ、4人のバック・コーラスと一緒に、ドラマチックでパワフルな歌声でショウをスタートした。

「Heaven」「Next To Me」「Read All About It」、そしてつい最近No.1に輝いた「Beneath Your Beautiful」といったデビュー・アルバム『Our Version Of Events』のトラックを中心に繰り広げられたパフォーマンスは、エミリーの力強く美しい歌声、彼女の曲作りの才能をあらためて証明するとともに、会場をポジティヴなエネルギーで包んだ。生で聴く彼女の歌声には力強さだけでなく、愛や包容力を感じる。

ポップやダンス・トラック、バラード、ソウル、ピアノの弾き語りなどさまざまな魅力でオーディエンスを虜にしたエミリー。とくにロンドン・オリンピック開会式でパフォーマンスされた「Abide With Me」の繊細で美しい歌声はこの夜のハイライトのひとつとなった。

デビュー作『Our Version Of Events』が2012年英国で最も売れたアルバムとなり、5枚のトップ5・シングルが誕生、数々のアワード受賞、そしてロンドン・オリンピックの開閉会式両方でパフォーマンスした唯一のアーティストとなったエミリー・サンデーの輝かしい1年を締めくくる素晴らしいショウとなった。

この夜のセットリストは以下の通り。
「Daddy」
「Tiger」
「Where I Sleep」
「Breaking The Law」
「Enough」
「Pluto」
「My Kind Of Love」
「Abide with Me」
「Clown」
「River」
「I Wish I Knew How It Would Feel To Be Free」
「Suitcase」
「Read All About It」With プロフェッサー・グリーン
「Wonder」
「Mountains」
「Heaven」
アンコール
「Beneath your Beautiful」With Labrinth
「Maybe」
「Next To Me」

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報