ドゥービー・ブラザーズ、初のドキュメンタリー作品登場

ツイート
ザ・ドゥービー・ブラザーズ初のドキュメンタリー作品『ストーリー・オブ・ザ・ドゥービー・ブラザーズ』が登場する。

◆『ストーリー・オブ・ザ・ドゥービー・ブラザーズ』ティーザー映像

トム・ジョンストンを中心にカラッと乾いたアメリカン・ロック・サウンドでヒットを飛ばし続けた1970年代前半から、メンバーの加入・脱退を繰り返しつつ進化し、マイケル・マクドナルドを核とした洗練されたサウンドで遂に頂点に登り詰めた1970年代後半…、そして1982年のフェアウェル・コンサートでドゥービー第一幕を閉じたものの、それぞれのソロ活動を経た後に彼らは1989年に再びトム・ジョンストンをリード・ヴォーカルとして再結成を果たした。以降は活動を軌道に乗せ、コンスタントにアルバム・リリース、ライヴ活動を続けている状況だ。

『ストーリー・オブ・ザ・ドゥービー・ブラザーズ』は、そんなドゥービー・ブラザーズの足跡を、メンバーのトム・ジョンストン、パット・シモンズ、マイケル・マクドナルド、ジェフ・バクスターはもちろん、プロデューサーのテッド・テンプルマン、マネージャーのブルース・コーンらのインタビューを通じて描いた、グループ初めてのドキュメンタリー作品である。

もうひとつ、ファンにとって嬉しいのはボーナス映像として収録されたライブ映像の数々だ。1970年代のライヴから「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」や「ブラック・ウォーター」、日本でのライヴから1979年の「ドゥービーズ・ストリート」。さらに1987年の再結成ライヴ、そして2006年のウドー・ミュージック・フェスティバルなど、9曲のライヴ・トラックがボーナス映像として収録される。さらに、日本盤のみの特典映像として2006年ウドー・ミュージック・フェスティバルからさらに4曲が追加収録されることとなり、ドゥービーズのライヴの歴史が65分に渡り楽しめる内容となっている。


『ストーリー・オブ・ザ・ドゥービー・ブラザーズ』
2012年12月5日発売
DVD YMBA-10382 3,990円(税込)
Blu-ray YMXB-10383 5,250円(税込)
※ドキュメンタリー本編 / ボーナス収録ライヴ9曲+日本版のみボーナス収録ライヴ4曲、日本語字幕)
●ボーナス収録曲
・Rainy Day Crossroad Blues レイニー・デイ・クロスロード・ブルース(1974年の未公開フッテージ)
・Without You ウィズアウト・ユー(1974年の「ドン・カーシュナーズ・ロック・コンサート」より)
・Listen to the Music リッスン・トゥ・ザ・ミュージック(1976年カウ・パレスのライヴより、トム・ジョンストンとマイケル・マクドナルドがステージを共にしている貴重なフッテージ)
・Black Water ブラック・ウォーター(1976年カウ・パレスのライヴより、トム・ジョンストンとマイケル・マクドナルドがステージを共にしている貴重なフッテージ)
・Takin' it to the Streets  ドゥービーズ・ストリート(1979年の日本公演から)
・Rockin Down the Highway ロッキン・ダウン・ザ・ハイウェイ(1987年の再結成ライヴから)
・Neal's Fandango ニールのファンタンゴ(1987年の再結成ライヴから)
・Long Train Running ロング・トレイン・ランニング(2006年ウドー・ミュージック・フェスティバルより)
・China Grove チャイナ・グローヴ(2006年ウドー・ミュージック・フェスティバルより)
●日本盤特典映像
(2006年ウドー・ミュージック・フェスティバルより)
・Rockin' Down the Highway ロッキン・ダウン・ザ・ハイウェイ
・Jesus Is Just Alright 希望の炎
・Black Water ブラック・ウォーター
・Listen to the Music リッスン・トゥ・ザ・ミュージック
この記事をツイート

この記事の関連情報