アンモフライト【インタビュー】一番辛かった恋愛の別れに自分の中で整理をつけたいという思いで書いた「アルタルフ~この恋の終わりに~」

twitterツイート

アンモフライトの3枚目のシングル「アルタルフ~この恋の終わりに~」は、木枯らしも吹きはじめた人恋しい季節にピッタリの切ないバラード。津久井恒仁(Vo/G)の実体験が元になっているだけに、大切な人を失った悲しみがリアルに心に突き刺さる。ポジティヴなメッセージを詰め込んだ「ライフ・イズ・ア・ギャンブル」、ストレートに温かい愛を唄う新機軸の「milk tea」、一枚でアンモフライトの多面的な魅力を伝えて来る新作だ。

◆アンモフライト「アルタルフ~この恋の終わりに~」~拡大画像~

――「アルタルフ~この恋の終わりに~」は3枚目のシングルにしてバラードということで、前2作品とは違う色を見せてくれましたね。

津久井恒仁(以下、津久井):実は僕らバラードというのは得意なんですよ。このタイミングで出せて良かったです。

――「アルタルフ」は蟹座の一番明るい星のことなんですよね。アラビア語で「終わり」という意味がある。

津久井:そうです。ベーシックになるものができたのは3年くらい前なんです。その頃に自分がした、一番辛かった恋愛の別れがこの曲を作ろうと思ったきっかけなんですが、そこから先のストーリーは組み立てて……。誰かに聴いてほしいとか、売れる曲を描いてやるとか、そういう気持ちではなく、ただ自分の中で整理をつけたいという思いで書きはじめたというか。

――ちょっと生々しいけど、津久井くんは、その時の辛かった気持ちをどうにか昇華させたかったんですね。みんなはこの曲を聴いたときにどう思ったの?

鳥居塚尚人(以下、鳥居塚):そっとしといてあげたいな……と(笑)。曲としては、三年前から少し書き直して、より具体的にリアルになったので、聴く人にとっては入り込みやすい曲になったんじゃないかなと思います。僕は結構、引きずるタイプなんで共感しちゃいましたね。演奏をしていても色々思い出しちゃいますね。過去の恋愛のこととか……。


▲「アルタルフ~この恋の終わりに~」初回限定盤
――メロディも叙情的で入り込みやすいですものね。

鳥居塚:そうなんですよ。ベースラインに関しては、今回、アレンジをし直して録るということになったんですね。以前は、ロックバラード的な感じだったので、力強い音で弾いてたんです。でも、今回はテーマ的にはポップバラード的にしようという話になったので、リズムの中に細かい音も入れつつ、メロディと合わせてどんな風に聞こえるのか考えながら、よく聞こえるために作って行きました。

――ギターはすごく押さえているね。ストロークだけで聴かせるというか。

久保田庸友(以下、久保田):そうですね。引き算引き算って感じで。自分が一歩引いて、どれだけ歌が引き出せるかってところの計算式でしたね。

――まるで悲しい気持ちを我慢しているような。

久保田:はははは(笑)。どの曲に対してもそうなんですが、津久井くんが曲を作って歌詞を描いて、そこに自分が移入したとしても、津久井くんの気持ちを100%出せるわけではないので、僕が発信するというよりは、自分の力を津久井くんに出してもらう感じなんです。それが今作はより強かったように思います。感情移入する部分もありますけど、自分の解釈で入って行きました。

――葛西くんは?

葛西一茂(以下、葛西):僕もこの曲に対してはすごく共感するものが多かった。作る以上、聴く人にも、より多くの人に共感してもらいたいなっていう想いがあったので、前身のアレンジよりも、もっと聴きやすい形にっていう風に進めて行って。ドラムのリズムは結構こだわった点なんです。以前は、ベタッとした重いリズムだったんですが、今回はスッと聴きやすいものにしたくて、重いものではなく、ポップ寄りなドラムアレンジのほうがいいんじゃないかなってことで、その間をとった良いリズムになったなと思います。

――津久井くんは、前のこととはいえ、自分の一番辛かったときの恋愛だから、唄うときに感極まったりすることはなかったの?

津久井:それが……なかったんですよねぇ(笑)。不自然な抑揚を自分でつけて、それを感動的に見せるというよりも、もう結構唄ったので、自分の中でも歌を唄って来て昇華してきた部分もあるから、それを自然に唄うのが一番良いのかなっていう風に思っていて。だからあまり何も考えずに、ありのままに唄った感じです。ストリングスは歌を唄ったあとに入れたので、「負けちゃうんじゃないかなぁ」ってちょっと怖かったですよ。今まで、ストリングスって打ち込みとかで作ることが多かったんですよ。でも、生のストリングスが入ると、感情を持っている楽器がそのぶん増えるから、そこにヴォーカルがちゃんと勝てるのかっていうのが不安だったんですよね。でも、この曲を作ってから自分が唄って来た年月がちゃんとあって、昇華しきれているからこそ、歌にはちゃんと想いをしっかり出せたから大丈夫でした。

――客観的にこの曲と向き合えていたというのも大きいんですね。

津久井:そうかもしれないですね。痛い、苦しい、辛いって叫んでいただけのものから、3歩進んでって感じなんですよね。引いて見ているというか、先に立てていて、ある意味、少し懐かしめる状況になっているというか。

――カップリングの「ライフ・イズ・ア・ギャンブル」はすごくはっちゃけていて、歌にもエフェクトがかかっていたりして、遊び心もありますね。

津久井:この曲は1枚目のシングルを出したときにはもう録り終えてたんですが、キーを変えて録り直したんです。歌詞も変えました。もともとは「新しい世界」みたいなタイトルで作っていて、希望感があるものに仕上げたかったんですね。そこにもう少しメジャーデビューしてからの気持ちを足して。僕は自分が音楽をやっていることをギャンブルのように感じていた時期があったんですが、メジャーデビューして、色んな人と出会ったり、色んな人と話したりする中で、そういう風に感じている人ってミュージシャンとしての自分たちだけじゃなく、今を生きている人たちはみんなそうなんじゃないかって感じられるようになってきて。それを歌詞にしたいなと。まぁ、ミュージシャンはギャンブル率は相当高いとは思うんですけどね(笑)。

――「アルタルフ」で我慢していたぶん、久保田くんの嬉しそうなギターが聞こえてきますね。

久保田:録り直すにあたって、もう「アルタルフ」のカップリングというのがわかっていたので“えーい!やってしまえ”と(笑)。前の「新しい世界」のときも「ライフ・イズ・ア・ギャンブル」になっても、冒険心みたいなものは共通イメージとしてあるから、録るときに、雑を丁寧に弾くというオーダーがあって。丁寧に丁寧に雑を演出したんです。


▲「アルタルフ~この恋の終わりに~」通常盤
――それはかえって難易度高いですよね。

久保田:そうなんですよ。しっかりビシッと弾いてるんだけど、荒々しいみたいな。人生の色んな機微がパッと聴いてわかるような。こんな感じかな? あんな感じかな? って考えてやっていきました。前はギターソロも入ってなかったんですが、入れちゃうか!と、急遽そのときに判断して。

――次の「milk tea」は恥ずかしくなるくらいのラブソングで……(笑)。「アルタルフ」では恋が終わってしまったけど、「milk tea」があることでホッとするね。

津久井:1、2曲目が決まった段階で何を入れようかという話になって、あんまり幸せな歌を唄うことってないなぁと。自分の中でも書く意味があるのかっていうところもあったから。でも、そういうのをテーマに書いて行こうと決めて、出来上がりを聴いたら、自分的に納得するものもあったし、新しい自分も見えたし、ホッとして良いものになったなぁと思うんですけど。

――「milk tea」という飲み物自体もホッとするものね。

津久井:そう。温かくて、ホッとして、ちょっと甘いみたいな曲にしたかったんですよ。歌詞を書いてから、そういうものをイメージしてて「milk tea」かなぁと。

久保田:今までこういうストレートなものって書いて来なかったから新鮮っちゃ新鮮なんだけど、やっぱり津久井くんの書く曲ですよね。今までこういう歌詞ってホントになかったんだけど、自然に聴ける、不思議な魔法がかかった曲ですね。違和感なく、僕はすんなりと聴けました。

鳥居塚:僕はこういう曲、好きなので、持って来てくれた時は嬉しかったです。シンプルなので変に何か入れるのもなぁと思ったので、音色を考えながらベースを作りました。

葛西:うん。僕も素直に感動しました。特に歌詞。今あるものを大切にしていくっていうそういう気持ちに自分も気付けたっていうのもあるし、共感しました。こういう曲は初めてだし、自分たちの曲でそんな気持ちになるなんて、ホントに新しいと思って。感動したなって素直に思いました。

――幸せな曲も、悲しい曲も、たくさんの人に寄り添うシングルになりそうですね。

津久井:そうなると良いですね。でも不思議ですよね。共感を得ようと作りはじめたわけではないのに、「良い曲だね」とか「悲しかった」とか、共感をもらったときにスゲェ嬉しい気持ちになるんですよ。それが不思議だなぁと思います。

取材・文●大橋美貴子


「アルタルフ~この恋の終わりに~」
初回限定盤(CD+DVD):VIZL-506 \1,500(tax in)
通常盤(CD):VICL-36740 \1,000(tax in)
(CD)
1.アルタルフ~この恋の終わりに~
2.ライフ・イズ・ア・ギャンブル
3.milk tea
4.アルタルフ~この恋の終わりに~(Instrumental)
5.ライフ・イズ・ア・ギャンブル(Instrumental)
6.milk tea(Instrumental)
(DVD)
アルタルフ~この恋の終わりに~ ミュージッククリップ
ライフ・イズ・ア・ギャンブル ミュージッククリップ
アンモHi!スクール~料理部の鉄人~

<小田原イズム2012>
11月25日(日) 小田原姿麗人
http://www.odawaraizm.com

<Mr.PARTY!>
12月13日(木) OSAKA MUSE

<cross fm 20th anniversary special A-Cross the Music ~ December ~supported by Act Against AIDS>
12月15日(土) 福岡スパイラルファクトリー
共演:真空ホロウ

<音生ライブサーキット 2012 WINTER CHRISTMAS SPECIAL>
12月 22日(土) F.A.D yokohama/club LIZARD/7th AVENUE/BAYSIS/BAY JUNGLE

<Crest YEAR END PARTY 2012 Special 4DAYS!>
12月31日(月) SHIBUYA O-Crest

<アンモフライト TOUR 2013"アルタルフ"~大阪の夜空編~>
2013年1月18日(金) 大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE
[問]TEL.06-6341-3525(夢番地大阪)

<アンモフライト TOUR 2013"アルタルフ"~東京の夜空編~(ワンマン)>
2013年1月25日(金) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
[問]TEL.03-5720-9999(ホットスタッフ・プロモーション)

◆ammoflightオフィシャルサイト
◆ammoflightオフィシャルブログ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon