ストーン・ローゼズ、ジョン・スクワイアのアート・スタジオで火災

ツイート
水曜日(11月21日)、ストーン・ローゼズのギタリスト、ジョン・スクワイアのアート・スタジオで火災が発生し、最新の作品がいくつか焼失したという。スタジオはマンチェスターの近くマックルズフィールドにあるスクワイアの自宅に隣接していたが、幸いなことに怪我人は出なかったそうだ。

彼のエージェントはBBCにこう話している。「誰も怪我を負いませんでした。これが何よりです。(スクワイアは)最新の作品のみ、2~3作だけをスタジオに残していました。ほとんどは売れたか、家の中にあったので、燃えたのは主に絵の道具です」ストーン・ローゼズのアートワークや音楽に関するものはスタジオにおいていなかったという。家とスタジオは約10メートルしか離れていなかったそうだ。

焼失した2作品は、映画『モンスター』の主人公、連続殺人犯のアイリーン・ウォーノスと“脱出王”と呼ばれたマジシャン、ハリー・フーディーニを描いたものだった。“Celebrity”シリーズの2つで、2011年夏に展示されている。

地元の消防署によると「火事は失火が原因だと考えれている」そうだ。エージェントは「スクワイアはとてもショックを受けている」とコメントしている。

スクワイアはストーン・ローゼズが再結成する前、音楽はやめ絵のほうに集中すると話していた。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報