【イベントレポート】AKB48河西智美、ソロデビュー曲タイトルは「まさか」、東京競馬場で初披露

twitterツイート

11月25日(日)東京競馬場にて、AKB48の河西智美が初のソロライブを開催、12月26日(水)にリリースするソロデビューシングル「まさか」を初披露した。

この日、会場となった東京競馬場では「第32回ジャパンカップ(GI)」が開催され、河西のライブが行なわれた午後5:00過ぎには、パドックにおよそ8,000人もの観衆が集まった。

河西はソロデビューに少し緊張した様子だったが、AKB48の代表曲でもある「ヘビーローテーション」「フライングゲット」を河西智美ソロバージョンとして初披露。そして、ソロデビュー曲のタイトルを初めて発表した。

「タイトルは……「まさか」です!」と発表した瞬間、会場からどよめきと、歓声が沸き上がった。

「私にとってソロデビューも“まさか”ですし、タイトルも“まさか”ということで本当に驚きと、うれしさでいっぱいです。今までずっとソロデビューを夢見て、ずっと活動してきて、たくさんのファンの方に応援をいただいて。本当に夢が叶った瞬間なので、これからどんどんがんばって、“河西智美”をたくさんの方に知っていただけたらいいなと思っています」とソロデビューの喜びと意気込みを語った。

そして「まさか」を初歌唱。淡い恋心をさわやかなメロディにのせたポップな楽曲で、甘い歌声とキュートなダンスを披露し、ソロデビューライブを終えた。

「河西プロジェクト」がスタートし、JRA「AKBのガチ馬2」単独TV-CM出演ほか、初の冠ラジオ番組「お姉さんに聞きなさい!」(ニッポン放送)も放送開始。来年2013年1月には初のソロ写真集発売(講談社)と、今後の活躍に期待が寄せられる。

Debut Single
「まさか」
2012年12月26日発売

◆河西智美メーカーオフィシャル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報