指田郁也、フィギュアスケート羽生結弦がエキシビションで演技した楽曲「花になれ」に問い合わせ殺到

ツイート

フィギュアスケートGPシリーズ第6戦 NHK杯、男子で初優勝を飾った羽生結弦が、エキシビションの演技用に選んだ指田郁也の「花になれ」に問い合わせが殺到。レコチョク、iTunes圏外からチャートを急上昇している。

この演目は、9月に福井県で開催されたアイスショー「Fantasy on Ice 2012 in FUKUI」で披露され、この時は「花になれ」の作者であるシンガーソングライター指田郁也と初共演を果たした。そのアイスショーをきっかけに、二人は交流を深め今回のエキシビションでの再演となった。

また「花になれ」は、今年4月からオンエアされていたNHK BS時代劇「陽だまりの樹」の主題歌。指田は主題歌の話を受け、「音楽と生きる力」に焦点をあてて曲を書き下ろした。自身も心の病を抱えていた時期があり、その時に音楽で救われた経験を持つ。「この曲を聞いて、生きる力を少しでも持ってもらえたら」と語る。

NHKで中継されたエキシビション終了後、webでは「この曲は誰の曲?」と検索ワード上位に上がるほど世の中の注目を集めた。6月にリリースされ、現在圏外だった「花になれ」は放送終了後にiTunesで「83位」に急上昇。レコチョクランキング ダウンロードシングルでは「31位」。Amazonの「音楽のヒット商品」※で現在2位となっている。
(※音楽 の売上ランキングで、過去24時間で最も売上が伸びた商品)

指田の優しい歌声でメッセージ性の強い歌詞と、単独カナダに渡り今シーズン練習を積み重ねて来た羽生の気持ちとが合わさった、この演目は今後も注目されそうだ。NHK杯を制覇した羽生の次の舞台はGPファイナル。「ファイナルでも表彰台を狙う」と意気込みを語る。指田は12月21日渋谷で自身初となるバンド編成でのワンマンライヴへ臨む。


「花になれ」
初回盤: WPCL-11099 / 通常盤: WPCL-11102 ¥1,000(tax in)
M1.花になれ
M2.Colorful
M3.花になれ(ピアノコンチェルトver.)
M4.花になれ(instrumental)
M5.Colorful(instrumental)
*初回盤のみボーナストラック収録:「花になれ」ピアノコンチェルト Ver.

◆指田郁也 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報