ザ・ローリング・ストーンズ、コンサート35分延長のため約2600万円の罰金

ツイート
ザ・ローリング・ストーンズが、11月25日(日)にロンドンのO2アリーナでコンサートを開催、その様子はロンドンより直送の速報レポでお伝えしたばかりだが、この日のパフォーマンスが予定より35分延長してしまったため、20万ポンド(約2600万円)の罰金を科せられてしまったようだ。

約2万人強の観客を前に、結成50周年記念コンサート<50・アンド・カウンティング>の幕開け公演を行ったザ・ローリング・ストーンズだが、終了予定時刻の10時30分を過ぎてもなお、地元条例の規則を破って11時5分まで観客からのアンコールに応え続けたため、今回高額な罰金を支払う羽目になったというもの。

ザ・ローリング・ストーンズのエージェントを務めるバーナード・ドハーティは英ザ・サン紙に「今回の罰金は巨額ですよ。でもザ・ローリング・ストーンズはすべきことをしただけです」「コンサート会場に自治体関係者がいて、わざわざ「終了予定時刻ですよ!」と厳しく時間の管理をしていたわけではありませんがね」と皮肉っている。

確かに罰金は巨額だが、予定されている全5公演で1500万ポンド(約20億円)以上の収入が見込まれているという。

<50・アンド・カウンティング>は、11月29日(木)に再びロンドンのO2アリーナで公演後、12月8日(土)にはニューヨークのバークレー・センターで、続いて13日と15日にニュージャージー州プルデンシャル・センターにて幕を閉じる。
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス