FM西東京(84.2MHz)の音楽オーディション番組『世界進出計画』(毎週木曜深夜24:00から)。MC POU(なつし聡)のサングラスも新しくなっての第68回目は、クリスマスソングの募集もそこそこに、作品紹介へ。

◆FM西東京『世界進出計画』68回目 番組収録 画像

■ 優「神様のパズル」
ワイルドなアーティストビジュアルに郵送で応募という折り目正しさ。香川県出身のアーティストに冒頭から好印象な一同。作品については「ジュンスカの曲を河村隆一さんが歌ってる感じ。」という、かおり嬢の発言がすべて。MC POUからは「この路線で行くながら、もう少し個性を出さないと、あれと一緒だな、これと一緒だな、になっちゃう。もうちょっと自分の色がほしい。」とアドバイス。謎の男・GTOさんからは「ぜひうどんの曲も。」と。

■ マイユ「ひまわりの詩」
曲全体にかかるリバーブが「どうしてこんなに遠いんだろう。」と言わざるを得ないほどに深い。そんなところから「竹内まりやの実家の銭湯のエコーが素晴らしい。」という謎の男・GTOさんの雑学も披露されつつ、「丁寧に作っている感じがして、頑張ってますよね。」というMC POU。ただ、不協和音になってしまっているコーラスが残念なポイント。「心地いいコーラスはホント難しい。」というMaikaさん。かおり嬢は「歌は下手でもいいんですよ。下手な中に光るものがあればいい。」と、いつになく真面目なことを話していて、なぜか笑いが起こる。

■ TSUKASA「赤いファイル」
「Loop Station」という機材を使って音楽を作っているという彼。プロフィールを読む限りは、機材の扱いは上手いのかもしれないが、「いろいろできるのかもしれないけど……で、何がやりたいの?」というのが出演者の素直な感想。そんな好奇心も煽られつつ楽曲を聴いてみると、「私、優しい声って好きなんですけど、そこに力強さを感じたいんです。」と、Maikaさんが自身の恋愛観込みでコメント。MC POUからは「最近言ってなかったけど、そもそもラジオ番組のオープニングテーマとエンディングテーマを選ぼうって番組なんだから、弾き語りはダメよ。スタジオ録音で。」と、言われてみるとまったくおっしゃるとおりな指摘が。そして謎の男・GTOさんからは「彼はクリスチャンらしいので、ここはひとつ、クリスマスソングで作り直して再度送ってほしい。」とフォローが送られた。

■ 感情graph19s「Great Fuckin' Club Night」
「この人たち、普段何している人なんだろう。詳細キボンヌ。」と、かおり嬢も思わず気になる常連組。しかしながら今回の曲は心に届かなかった模様。Maikaさんも「うん……」と、コメントがない。そこでMC POU、「この曲の応募がきた時に『実はもう1曲あるんで送ります。』みたいな感じで送られてきた。」という応募時の裏側話を披露。すると、女性陣は「あー!」「やっぱりね! 熱がないんです!」と、つっかえていたものが取れたような反応。つまり、“とりあえず”とか“ついでに”の曲だと、その感じが聴く側にも伝わってしまうので、番組応募もデモテープも、ちゃんと最高の自信作を送らなければいけない、ということだ。

■ ソレカラ「Hello Thank You」
60年代、70年代の音楽シーンをパロっているようなCDジャケットに、曲調。当時を知っているMC POUとGTOさんは思わずニヤリ。様々な要素を詰め込んでいるものの、それが決してモノマネではなくリスペクトを感じさせるパロディー。「私、やっぱりソレカラさん好きです。」とMaikaさんが語れば、「まさにこれが安定の、じゃないですか。安定のソレカラさん。」と、かおり嬢。「安心して聴ける。あいかわらずいい曲。」「聞いていて気持ちがいい。」「自分たちのことをよくわかっている。」「いいものはいい。(毒舌が出せないけど)しょうがない。」と、総じて高評価。むしろべた褒め。全員一致のボトルキープとなった。

text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)
◆『世界進出計画』記事まとめページ(ポッドキャストへのリンクも)
◆『世界進出計画』~西東京から世界へ~ オフィシャルサイト(サイマルラジオで全世界試聴可能)