ジェシカ・シンプソン、スムージー・ダイエットに成功

twitterツイート
ジェシカ・シンプソンが、妊娠後のダイエット・プログラムとして15日間に渡るスムージー・ダイエットを成し遂げたようだ。

◆ジェシカ・シンプソン画像

5月にマックスウェルちゃんを出産したばかりのジェシカは、ウェイト・ウォッチャーズ社の新しいイメージ・キャラクターとして400万ドル(約3億円)の契約を結んでおり、同社のポイント・システムを取り入れて自身の元プライベートシェフが7月から作成していた同社の栄養分たっぷりのスムージーで構成されたというプランを基に、目標60ポンド(約27キログラム)減のダイエットを達成したという。

まず第1段階として、最初の5日間ジェシカは基本的に1日3回のスムージーを摂取し、2回のヘルシーなスナックだけが余分に許され、第2段階として、次の5日間を1日に2回のスムージー、そして1回の通常の食事と2回のヘルシーなスナックだけで過ごしたという。そして最後の5日間は、1日1回のスムージーに2回の通常の食事と2回のヘルシーなスナックを組み合わせて、目標の体重まで落としたようだ。

ゴシップサイトのTMZによれば、通常の食事には卵の白身のオムレツやチキンのソテー、ヒヨコマメのディップ、日本蕎麦、焼き海老の串刺しなどが含まれていたという。

同社が開発したポイント制のダイエット・プログラムは、各食品にポイントがついており、合計ポイントが1日に定められたポイント数を超過しないように食事を制限するというものだ。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報