テイク・ザット、2013年末に最新アルバムをリリース?

ツイート
テイク・ザットが、2013年末に最新アルバムをリリース、さらに2014年にツアーを行う予定だと明かした。

◆ジェフ・ウェイン、ゲイリー・バーロウ画像

ゲイリー・バーロウ、マーク・オーウェン、ロビー・ウィリアムス、ジェイソン・オレンジ、ハワード・ドナルドら5人は、昨年大成功したアルバム・リリースとツアーの後、現在はグループとしての活動を休止しているが、ゲイリーは2014年のツアーを念頭に置いて来年にも活動を再開させる予定だと強調した。

「来年にはテイク・ザットの活動が忙しくなりそうだよ。再来年にはツアーもできたらいいなと思っているんだ。活動休止中も新作スタジオ・アルバム制作のことは頭にあったからね」「バンドとしてのサイクルができているよね。今年はメンバーみんなが1年の休息期間を欲しがっていたから休んだんだ。でも、今はみんな来年の2月にスタジオに戻るのが待ち切れないのさ。願わくば来年のクリスマスに新作アルバムをリリースして、その翌年にツアーに出られたらいいと思っているよ」

さらにゲイリーは、マークが来春に向けてソロ・アルバムを制作中だという話にも触れている。「マークのソロ・アルバムは来年リリースだよ。マークと話したけど、とても興奮してたよ。2013年末には、いよいよテイク・ザットのアルバム発売さ。僕達はまだまだ現役だよ」

1995年にロビーが同グループを脱退後テイク・ザットはその翌年に解散し、2005年の再結成を経て2011にロビーがグループに復帰している。そんなグループの歴史を振り返ってゲイリーは、フルメンバーで活動再開ができて嬉しいと続けた。

「ロビーがバンドを去って、僕達は解散してしまったんだ」「だけど10年の時を経て、僕達は2006年にアルバム『ビューティフル・ワールド』でカムバックを果たしたのさ。そして2008年にはアルバム『ザ・サーカス』をリリースしたよ。こうしてまた5人揃って活動ができて嬉しいよ」
この記事をツイート

この記事の関連情報