なぜ名曲は人の心を動かすのか…亀田誠治の音楽教養TV番組が2013年新春放送

ツイート

音楽プロデューサーの亀田誠治が校長となりJ-POPの構造を解剖するという、新しい音楽教養番組『亀田音楽専門学校』が2013年1月3日、4日にNHK Eテレで放送される。

◆『亀田音楽専門学校』画像

番組ではゲスト講師として平井堅も参加、「なぜ名曲は人の心を動かすのか」をテーマに、1時限目・2時限目の2回にわたって放送される予定だ。1時限目(1月3日放送)のテーマは「泣ける歌・胸キュンコード学」。2時限目(1月4日放送)は「泣ける歌~メラメラのメロディー学~」。J-POPの名曲を題材に、ライブ演奏を交えながら、亀田誠治と平井堅のわかりやすい解説でJ-POPの核心に迫っていくエンタティンメントとアカデミズムが融合した教養番組となる。

番組の収録を終えた亀田校長は「J-POPは音楽のあらゆる魅力が詰め込まれた、世界に発信できる素晴らしい総合芸術だと思います。この番組で学びながら、みなさんの中で、何か新しい気づきが生まれてくれたら嬉しいです。」とコメントしている。

亀田誠治は数々のアーティストたちを手掛け、時代の先端を走る音楽プロデューサーとして活躍する一方で、これまで自身を育ててくれた音楽やリスナーへの感謝を形にすべく企画されたプロジェクト「亀の恩返し」を様々な形で展開している。その一環として、WEBサイト「亀の恩返し」でも、自身の知識やノウハウをフリーでシェアし、生の現場の様子を「実学」として学べる場や、次の世代を担う若き才能が作品を発表する場などを提供している人物だ。

その中のコンテンツのひとつ「亀田大学」では、インディーズ、アマチュア・ミュージシャンの応募を随時受付け、亀田が感想コメントと共に楽曲・作品を紹介し、その活動をサイト上でフォローしている。12月4日には、そこに集まった若きミュージシャンたちの精鋭が集結するイベント<子亀祭>も開催される。当日は亀田も司会で登場し、番組の放送より一足早く、亀田の元に集まった若き才能が繰り広げる熱い一夜を味わえることとなる。

音楽教養番組『亀田音楽専門学校』
NHK Eテレ(教育テレビ)
2013年1月3日(木)、4日(金) 23:00~23:30
出演:亀田誠治(校長)、平井堅(ゲスト講師)、小野文恵(助手)

<亀の恩返しpresents 子亀祭>
日時:2012年12月4日(火)
@東京・SHIBUYA BOXX
18:00開場/18:30開演
出演者:GLIM SPANKY、DENSHI JISION、neutrinos、N.Y & Bicycle、Nomson Goodfield
司会:亀田誠治

◆亀田誠治オフィシャルサイト/亀の恩返し
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス