カラーボトル、映画の舞台挨拶に初めて参加

ツイート

映画『名無しの十字架』初日舞台挨拶が12月1日に銀座シネパトスで行なわれ、主題歌「やぁ、野良犬。」を歌うカラーボトルが出席した。

前作『COLOR BOTTLE』収録の「アゲハ蝶」が、映画関係者の耳に入ったことがきっかけとなって、本作『名無しの十字架』の主題歌抜擢となったカラーボトル。当日は、神尾佑ら出演俳優たちとともに銀座シネパトスの舞台に登場したが、実は彼らにとって舞台挨拶は初めての体験(そもそも映画の主題歌に抜擢されることも初めて)。メンバーはかなり緊張していたようだったが、司会者から「どのようなイメージで曲を作りましたか?」と、質問されると、ボーカルの竹森は「希望のある歌にしたかったんです。ただ普通の希望のある歌ではなく、泥臭い、人間臭い歌に。凄く歌詞は悩んだのですが、映画を撮り終えての打ち上げに参加させて頂いた時に、監督から話を聞いたり、小林聡さんとご挨拶をした時に名刺を頂いてそこに“野良犬”と書かれていて、そのイメージが頭にあって、そこから書き上げました。」と、コメント。また「実際に映画の最後で流れてみてどうでしたか?」の質問には「(映画のシーンと合わさって)凄く感動しました!」と素直な気持ちを話した。

「映画『名無しの十字架』の主題歌として書き下ろした楽曲。原作と映画の台本を読み、映画監督、そして映画に出演している小林聡さんと話をし、制作していきました。歌詞を書いている時、ライブで地方遠征する日があって。いつも渋谷で待ち合わせをして行くのですが、時間より早く到着した為、早朝のマクドナルドに入りました。その時、家出をしている女の子がいて。周りの人達は何事もなかった事のように、その女の子を自分の視界に入れず、過ぎ去っていくんです。その子に向けて「頑張れ!」という意味も込めて、歌詞を書きました。」── 竹森マサユキ(「やぁ、野良犬。」楽曲解説)

映画『名無しの十字架』主題歌「やぁ、野良犬」が収録されている、カラーボトルのニューアルバム『生きる』は、2013年1月16日に発売が決定。またカラーボトルが各地を回ってきた<COLOR BOTTLE IS HERE!! 2012 ~ロックンロール の世界にようこそ!>ツアーは、2012年12月9日に開催される赤坂BLITZ公演がファイナルとなる。このライブは<COLOR BOTTLE IS HERE!! 2012 ~ロックンロール の世界にようこそ!~Special>と題され、今までの会場とは異なるスペシャルな内容になる予定だ。

さらに2013年3月からは、このアルバム『生きる』を引っ提げての全国ツアーも実施予定だ。

◆BARKS映画情報
◆カラーボトル オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報