レッド・ツェッペリン、「本腰を入れて新曲を作り出す時期だと感じたんだ」

twitterツイート
2013年にソロツアーを行うと発表したジミー・ペイジだが、レッド・ツェッペリンとしての将来のツアーのために、ロバート・プラントに代わって新たなシンガーを加入させるという噂を否定した。

◆ジミー・ペイジ画像

「(2007年のO2アリーナでのギグの後)ジェイソン・ボーナムと俺、それにジョン・ポール・ジョーンズの3人は、本腰を入れて新曲を作り出す時期だと感じたんだ。どうなるか試してみたかったんだよ」「確かに何人か他のシンガーを迎えるっていう話はあったけど、そうしちゃうと俺たちが今までやってきたことの本質が変わってしまうんだ。それも突然やってしまうとなおさらね」

「いっぱい、何て言うかな…プレッシャーとは言わないけど、「あのシンガーや、この歌手」とかっていう話があったからな。でも俺としては正直、「俺たちがホントに成し遂げられることを黙って見ててくれよ」って感じだったんだ。まあ、でも実際はそんなことをするチャンスは無かったんだけどね」

そんなジミーとロバート、ジョンの3人は、12月3日(月)にデヴィッド・レターマンによる滅多にないテレビ・インタビューに応じたばかりだ。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報