【ライブレポート】<T-Palette Records感謝祭2012>開催、7組のアイドルの華やかなパフォーマンス

twitterツイート
▲ライムベリー
▲アップアップガールズ(仮)
▲lyrical school
▲しず風&絆~KIZUNA~
▲LinQ
▲Negicco
▲バニラビーンズ
12月9日(日)東京品川ステラボールにて、タワーレコード・アイドルレーベルによる<T-Palette Records感謝祭2012>が開催され、所属アーティスト7組が勢揃い、華やかなパフォーマンスが繰り広げられた。

◆<T-Palette Records感謝祭2012>画像

トップバッターを飾ったのは、2012年10月にTパレ参加が発表された2011年結成のアイドルラップグループのライムベリーだ。DJ HIKARUの「ぽちっとな」の合図とともに、「RHYMEBERRY IZ NO.1」がスタート。MIRI、HIME、YUKAが元気に登場すると縦横無尽にステージをかけまわり、客席を煽る。早耳の音楽ファンやDJなどからも注目を集める「HEY!BROTHER」のコール&レスポンスの練習でDJ HIKARUがことごとくダメ出しをするなど盛り上げながら、パーティーチューンを連発する彼女たち。ライブ後のトークでは、吉田豪から「みんなから見て社長はおにいちゃん?」と質問されると、「はい!お兄ちゃんです!」と即答し、「よく出来たコたちだねぇ~」と社長が目尻を下げる場面も。

そして「リハを見ただけで痺れた!」という社長からの紹介を受けて登場したのが、アップアップガールズ(仮)だ。「イチバンガールズ」で幕を開けると、T-Palette Recordsからの第1弾シングルで12月5日に発売されたばかりの「チョッパー☆チョッパー」を披露。途中、NO MUSIC, NO IDOL.のコール&レスポンスがある超絶攻めソングに会場のボルテージは早くも最高潮に。激しいダンスと迫力の歌声に、曲が終わったあとの客席からは「かっこいい…」というつぶやきが聞こえてきた。最後まで攻めたステージを見せてくれた彼女たちは、12月15日(土)ラフォーレミュージアム六本木にてワンマンライブ<アップアップガールズ(仮)2nd LIVE六本木決戦(仮)>が開催となる。チケットは残りわずかだ。

続いて登場したのは清純派ヒップホップユニットlyrical schoolだった。メンバー6人による掛け合い、時に客席も巻き込みながら盛り上げていく。MCでは、プリンセスキャラのayakaが「嶺脇プリンスのことすきなひと~?」と聞けば、会場からは元気いっぱいに「はーい!」と手があがり、DJを従えて立て続けに披露される「photograph」「プチャヘンザ!」で盛り上げた。

前半戦最後は、名古屋を拠点に活躍するしず風&絆~KIZUNA~。ディック・デイル「Misirlou」の印象的なギター・イントロで絆~KIZUNA~の4人が空手の道着を着てステージに現れると、BGMのブラック・アイド・ピーズ「Pump It」に合わせて空手の型を採り入れたキレのあるダンスを披露。そこにしず風の2人が合流し、最新シングル「チェッカーフラッグをとめろ」をスタート。この日のために生バンドで録音してきたというIロックメドレーでは、晴子が客席に降臨し、しず風が水を口に含んで客席に吹きかけるなど、全力でパフォーマンスする姿に会場も大盛り上がりとなった。Iロックメドレーでの肩を組んでのヘドバンでは、ステージ袖で見ていた司会2人もメンバーに連行(?)されて参加。ラスト「ピンクのロケット」では、メンバー全員が客席に降臨し前半戦最後にふさわしい渾身のステージを披露してくれた。

休憩を挟み、福岡発の大所帯アイドル・ユニットLinQが登場。今回は上原あさみ、天野なつ、岸田麻佑、一ノ瀬みく、城崎はるな、桜愛美、杉本ゆさ、高木悠未、原 直子、松村くるみ、桃咲まゆ、山木彩乃、姫崎愛未、深瀬智聖、吉川千愛の15人で参戦となった。「なう。」で幕を開けた彼女たちのステージは、広い舞台をめいっぱい使って、大所帯ならではの迫力で圧倒。2013年1月発売の新曲「CHIKU-TAKU」「ゴーイング マイ ウェイ!」も披露され期待が高まったところで、ラストは緑のペンライトを使ったダンスが印象的な「祭りの夜~君を好きになった日~」。高木と深瀬がハッピを纏ってあおりまくった最後、高木が水を口に含んでなぜかメンバーに向かって吹きかけ、メンバーからブーイングが起こる場面も。

お次は、新潟発の3人組ガールズ・ユニットNegiccoだ。ワクワク感を煽るイントロでステージに登場した彼女たちは、2012年6月にリリースされたシングル「あなたとPop With You!」からスタート、「ねぎねぎRock」ではねぎを客席に投げ入れるパフォーマンスも。最後はもちろん、めちゃイケのエンディングテーマにもなっている「圧倒的なスタイル」だ。恒例のラインダンスでは、NHK「Rの法則」での取材をきっかけにNegiccoと仲良しになったというアップアップガールズ(仮)の森咲樹が吉田豪に煽られ飛び入り参加!4人で見せるラインダンスに会場は一体感に包まれた。

大トリを飾ったバニラビーンズの自己紹介では、「いま一押しのアイドルはNegicco姉さん、しず風&絆~KIZUNA~さん、LinQさん、lyrical schoolさん、アップアップガールズ(仮)さん、そして、ライムベリーさんです!」(レナ)、「趣味はお買い物、よくお買い物するところはタワーレコードです!」(リサ)と隙のないアピール。そして、豪さんも嶺脇社長も「最高傑作!」と太鼓判を押すアルバム「バニラビーンズIII」からは「サブカルガールまどか」「キラーキュイーン」を披露。会場中で行われた“ポージング”は圧巻で、大トリにふさわしい見事なパフォーマンスを見せつけた。

最後には所属アイドルが全員ステージに登場し、社長から「アイドルブームといわれていますが、ブームに関係なく続けていきたいと思っています。ただ、それにはみなさんのご協力なくしては無理なので、これからもT-Palette Recordsをよろしくお願いします!」という挨拶で締め括り。最後は、所属アイドル全員で森高千里の「ジン ジン ジングルベル」を披露。Tパレアイドル全員でのパフォーマンスという記念すべきワンシーンとなった。会場全体の大合唱とともに最後は出演者全員によるハイタッチで観客を見送り、<T-Palette Records感謝祭>は終始あたたかいムードに包まれたまま、大成功となった。

<T-palette Records感謝祭2012 2012.12.9@品川ステラボール>
■ライムベリー
・RHYMEBERRY IZ NO.1
・SUPERMCZTOKYO
・Ich liebe dich(3MC MIX)
・HEY!BROTHER
・まず太鼓
・MAGIC PARTY
■アップアップガールズ(仮)
・イチバンガールズ
・チョッパー☆チョッパー
・バレバレ I LOVE YOU
・夕立ち!スルー・ザ・レインボー
・サバイバルガールズ
・UPPER ROCK
・アッパーカット!
■lyrical school
・そりゃ夏だ!
・tengal6
・リボンをきゅっと
・photograph
・プチャヘンザ!
・おいでよ
■しず風&絆~KIZUNA~
・Pump it
・チェッカーフラッグをとめろ
・パンチドランカー
・カプセルカプセル
・I ロックメドレー
■LinQ
・なう。
・for you
・さよならマーメイド
・CHIKU-TAKU
・ゴーイング マイ ウェイ!
・祭りの夜~君を好きになった日~
■Negicco
・あなたとPop With You!
・トキメクMERMAID
・GET IT ON!
・ねぎねぎRock ~私もお家に連れてって
・アノソラヘ
・ニュートリノ・ラヴ
・Party On the PLANET
・圧倒的なスタイル
■バニラビーンズ
・ニコラ
・ノンセクション
・チュコミントフレーバータイム
・サブカルガールまどか
・東京は夜の7時
・キラーキュイーン
■全員
・ジン ジン ジングルベル

◆T-Palette Recordsオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報