英国の国勢調査、信仰はヘヴィ・メタル?

twitterツイート
英国で行なわれた最新の国勢調査(2011年)で、6,242人が信仰する宗教の欄にヘヴィ・メタルと記入したという。

◆ビフ・バイフォード・メッセージ映像

前回の調査(2001年)では、映画『スター・ウォーズ』のジェダイ、もしくはジェダイの騎士と書き込もうというキャンペーンが展開され、約39万人が従った。それにより、ジェダイはキリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教に次ぐ英国で4番目に大きな宗教(?)になった。

これにインスパイアされたのがサクソンのフロントマン、ビフ・バイフォードだった。彼は、今回の国勢調査で“宗教=ヘヴィ・メタル”と記入しようとFacebookでキャンペーンをスタート、「メタルはこの国で生まれた。だから遺伝子にあるはずだ!」と呼びかけていた。

2011年の調査ではこのほか異端者(56,620人)、スピリチュアリスト(39,061人)、ヒューマニスト(15067人)、自分自身(1,949人)、悪魔崇拝(1,893人)、ニュー・エイジ(698人)、オカルト(502人)などが挙がった。

2001年に39万人いたジェダイの騎士は17万6,632人まで減少したものの、まだ“その他の宗教”では断トツのトップ。この結果に、バイフォードは「サイエントロジーやドルイドは破ったが、まだジェダイの騎士がいる」「10年後の国勢調査でジェダイを負かそう」と話している。


Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報