九州男、長崎県庁にて中村法道長崎県知事を表敬訪問

ツイート
アルバム『√0』の収録曲である「maestro」が2014年長崎国体イメージソングに起用されたことをきっかけに、12月18日、九州男が地元長崎県庁にて中村法道長崎県知事を表敬訪問した。

◆九州男画像

現地では長崎国体のマスコットのがんばくん、らんばちゃんのお出迎えをうけ、県知事からも「すごく良い曲をあげてもらった」と感謝の気持ちを受け取ったという。さらに選手たちからも「力がみなぎる曲」と大好評であることが本人にも伝えられた。

「maestro」が収録されているアルバム『√0』は、約1年半ぶりとなる九州男の新作オリジナルアルバムで、12月19日にリリースとなったところだ。アルバムタイトル『√0』(ルートラブ)について、九州男は「ルートは根源という意味で、武道館も終わり、新たなスタートだと思い、またゼロからスタートだと感じた。あと0(ゼロ)ってテニスなどで“ラブ”って読む事ができるので、このアルバムは愛もギッシリ詰まってるから、それも掛けて√0と書いてルートラブと読む感じになった」と語る。人生に向けた友情ソング「背中合わせ」や結婚をテーマにした「逆光」、初のクリスマスソング「きみとマフラーとあまのじゃく」など、作品には愛に満ちた楽曲が詰まっている。


そんな中で、HOME MADE 家族のU-ICHIがトラックを提供しアルバムの最後に作ったという「九州男進化論」という曲に、意味深な歌詞が書かれている。この曲は、九州男のこれまでの人生とこれからの未来を歌った曲で、九州男ヒストリー的作品となっているが、問題はこれからについての歌詞で、まさか?エッ?と思わせる九州男の未来図が描かれているという。こちらもお楽しみに。

『√0』
12月19日発売
初回盤 CD+DVD WPZL-30506 \2,415(税込)
DVD:Music Video「背中合わせ」「maestro」収録
通常盤 WPCL-11251 \2,100(税込)
1.背中合わせ
2.maestro
3.no time limit
4.逆光
5.九州男進化論
6.きみとマフラーとあまのじゃく
7.未来へTRY~勇気の絵本~
8.2012.4.13 日本武道館 LIVE OP スペシャルメドレー(Musical Messenger / try again / 一撃/ ONE / a who dat? / New Birthday[full version])
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス