堂珍嘉邦、ソロ2ndシングルc/wはHoobastankギタリストと共作

ツイート
耽美とアンビエントが融合した“耽美エントRock”をコンセプトに掲げ、11月14日にシングル「Shout / hummingbird」でソロデビューを果たした堂珍嘉邦が、ソロ2ndシングル「handle me right」を2013年2月6日にリリースする。

彼が打ち出す“耽美エントRock”とは、究極の美と心地よい空間を追求するもの。美は透き通って美しい物だけに存在するのではなく、胸が締め付けられるほどの激しさや孤独の中にも存在する、それをRockサウンドと言葉で綴った“孤独、空虚、抑圧、その中に渦巻くheavenly…”を表現した音楽であり、彼が目指す新たな音楽への挑戦なのだという。

前作「Shout / hummingbird」ではROCKエンジニアの巨匠Andy Wallaceの弟子で、Sum 41、Limp Bizkitなどのエンジニアであり、グラミー賞のBest Engineerを受賞した経歴もあるJosh Wilburとタッグを組んだ。そして今作「handle me right」では、堂珍のライブバンドでバンドマスターを務めるMonoralのAliと共作し、ソロアーティストとしての進化を見せる。そして、カップリングにはなんと、グラミー賞最優秀ロックアルバム賞にノミネートされたHoobastankのギタリストDanと共作した「Departure(仮)」が収録される。

2月27日にリリースされるソロ1stアルバム『OUT THE BOX』からの先行シングルとなる今作だが、「handle me right」はアルバムとは別ヴァージョンで、カップリング含め2曲ともアルバムには収録されないので、ぜひシングルで聴いてほしい。

そして、待望のソロ1stアルバム『OUT THE BOX』だが、「音楽に関しては雑食」と自己分析した堂珍が、自分の音楽ルーツを探して制作したアルバムで、言語ではなくサウンドを1stインプレッションにして向き合った結果、彼の世界は日本から飛び出した作品となったという。

日本、アメリカ、イギリス、スウェーデンの作家達と共作した“耽美エントRock”ワールド。アルバムタイトルである『OUT THE BOX』= 枠からはみ出す、とは、11年間のアーティスト活動で形作られた枠から飛び出し、世界の音楽人達と自由に音と言葉を紡いだ世界地図が完成した。色んな物を食しても、昇華して表現されているのは、堂珍嘉邦でしかあり得ない “個性”なのだ。

そして、このアルバムを携えて全国ツアー<堂珍嘉邦 TOUR 2013 " OUT THE BOX ">が、2013年3月2日Zepp Nambaを皮切りにスタート。全国7都市10公演が決定しており、“耽美エントRock”を表現する堂珍嘉邦が枠からはみ出した「OUT THE BOX」をベースに、“世界と紡いだ音楽と言葉”で日本全国を駆け巡る。

なお、「handle me right」は、TBS系テレビ『マツコの知らない世界』エンディングテーマとして2013年1月からオンエアされることが決定している。

2nd Single
「handle me right」
2013年2月6日発売
【通常盤】
POCS-24006 ¥1,050(tax in)
1. handle me right
※TBS系テレビ「マツコの知らない世界」2013年1月~エンディングテーマ
2. Departure(仮)(HoobastankギタリストDanと共作)

1st Album
『OUT THE BOX』
2013年2月27日発売
【初回限定盤】CD+DVD
POCS-24902 ¥3,990(tax in)
【初回プレス通常盤】CD+オリジナルカレンダー封入
POCS-24903 ¥3,150(税込)
【通常盤】CD
POCS-24007 ¥3,150(税込)
CD--11曲入り(「Shout」「hummingbird」「handle me right(Album Ver.)」etc...)
DVD--シングル3曲MV+ 渋谷公会堂ライヴ "A La Musique" (2012/10/8)ダイジェスト映像

<堂珍嘉邦 TOUR 2013 " OUT THE BOX ">
3月2日(土)Zepp Namba キョードーインフォメーション 06-7732-8888
3月3日(日)Zepp Namba キョードーインフォメーション 06-7732-8888
3月9日(土)Zepp Nagoya サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
3月10日(日)Zepp Nagoya サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
3月16日(土)Zepp Fukuoka キョードー西日本 092-714-0159
3月20日(水・祝)新潟LOTS キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100
3月30日(土)仙台Rensa GIP 022-222-9000
4月6日(土)Zepp Tokyo ディスクガレージ 050-5533-0888
4月13日(土)Zepp Sapporo ウエス 011-614-9999
4月19日(金)Zepp DiverCity ディスクガレージ 050-5533-0888

◆堂珍嘉邦オフィシャルサイト
◆オフィシャルFacebookページ
◆オフィシャルTwitter @Dohuzu
◆レーベルサイト
◆オフィシャルファンクラブ
この記事をツイート

この記事の関連情報