ファンキーモンキーベイビーズ、ラストライブは6月の東京ドーム公演

ツイート

先日、“電撃解散”を発表したファンキーモンキーベイビーズが、2013年6月1日と2日に最初で最後となる東京ドームでのラストライブ<おまえ達との道 FINAL~in 東京ドーム~>を開催する事を発表した。

11月29日早朝、ファンキーモンキーベイビーズのオフィシャルサイトにて発表された“解散”という衝撃のニュースをテレビからスポーツ紙、週刊誌からWebニュースまで、各メディアがこぞって取り上げたのは記憶に新しい。DJケミカルが実家のお寺を継ぐ準備に入るための解散。苦楽をともにしたDJケミカルがいないファンキーモンキーベイビーズは、ファンキーモンキーベイビーズではないという結論からの解散。それはなんとも彼ららしい結論だった。

解散の発表以降、彼らの解散を惜しみながらも、その彼ららしい決断を支持するファンの声が圧倒的に多い中、「“東京ドーム”でのライブが観たかった。」という声が非常に多く所属事務所などに寄せられた。

彼らにとっての東京ドームライブといえば、2011年の7月に初の東京ドームワンマン開催を予定するも、同年3月11日に起こった未曾有の大震災の影響もあり、苦渋の決断で中止する事となった、いわば幻のライブ。

本来は、先日の発表の通り、2013年1月13日から始まる全国アリーナツアー<WE ARE FUNKY MONKEY BABYS TOUR>ファイナル公演、3月31日のさいたまスーパーアリーナ公演をもって解散する予定だったが、そんなBABYS(=ファン)の、あまりの反響と要望多さに再度話し合いが持たれ、メンバー念願のステージでもある東京ドームをラストステージとすること事となった。これにより、グループの活動も6月2日のステージを持ってピリオドを打つことになる。

「東京ドームは僕達とBABYSの約束の場所でした。本来なら2011年の7月に行なう予定でしたが、中止になってしまいました。だからこそ、最後の最後にみんなと一緒にその夢を叶えられる事が出来る事になって本当に嬉しく思っています。ファンキーモンキーベイビーズの全てを歌に乗せてみんなに届けます。」── ファンキー加藤

「全力で頑張ります!」── モン吉

「僕達は特に多くの人達に支えられてきたグループなので、東京ドームは“感謝のライブ”として、少しでも恩返しが出来たらと思います。」── DJケミカル

【ライブ情報】
タイトル:
おまえ達との道 FINAL~in 東京ドーム~
開催日:
2013年6月1日(土)、6月2日(日)
※更なる詳細の発表は、2013年2月上旬を予定。

◆ファンキーモンキーベイビーズ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報