スーパーイベント<LIVE IN TOKYO CROSSOVER NIGHT>、垂涎の演奏曲目発表

twitterツイート

12月29日、東京国際フォーラムにて国内のCROSSOVER/フュージョン系アーティスト6組が一堂に会するスーパーイベント<LIVE IN TOKYO CROSSOVER NIGHT>での演奏予定曲目が、一部明らかとなった。

◆<LIVE IN TOKYO CROSSOVER NIGHT>画像

2012年に6年振りに活動再開させた新生CASIOPEA 3rdは、ファーストアルバムに収録された「BLACK JOKE」に、かってのギター小僧なら誰もがコピーした事があるであろう名曲「ASAYAKE」がお目見え。会場では野呂一生のカッティングに合わせて一緒に弾くエアー・ギタリストが続出しそうだ。もちろん感涙と共に。

9年振りに復活を果たすPARACHUTEは、ギタリスト今剛のソロにも収められた「Agatha」に、セカンド『6 kinds 6 sizes』の冒頭曲「Hercules」を披露。鈴木茂は「砂の女」と「100ワットの恋人」の演奏が発表された。いずれも、当時のウェスト・コーストのそうそうたるミュージシャンを迎えてLAで録音された名盤『鈴木 茂 BAND WAGON(1975)』に収められた作品であるだ。

2012年でデビュー35周年を迎えた関西フュージョン界の雄ナニワエキスプレスは、初期の人気曲をたたみ込むようにメドレー形式で演奏するという。この日はキーボード&サックス奏者の青柳誠が復帰。6人揃っての貴重なフルメンバーでの演奏は、この夜が見納めだ。

高中正義は名曲「BLUE LAGOON」に、プロレスラー天龍源一郎のテーマ曲としても知られる「THUNDER STORM」の2曲を明らかにしたが、ファンをアッと言わせる隠し球もまだ用意されているとの噂もチラリ。

主催者側からの情報によると、当日は転換時間を含めて5時間超の長丁場になるようだ。最高峰のCROSSOVER/フュージョンをたっぷりと堪能できる1日になりそうだ。



<LIVE IN TOKYO CROSSOVER NIGHT>
2012年12月29日(土) 開場15:00/開演16:00
@東京国際フォーラム・ホールA
¥8,800(全席指定/税込)
●カシオペア3rd / 演奏予定曲:ASAYAKE、BLACK JOKE 他
(野呂一生/Guitar、鳴瀬喜博/Bass、大髙清美/Keyboards) support Drums/神保彰
●PARACHUTE / 演奏予定曲:Agatha、Hercules 他
(安藤芳彦/Keyboards、井上鑑/Keyboards、今剛/Guitar、斉藤ノヴ/Percussion、林立夫/Drums、マイク・ダン/Bass、松原正樹/Guitar)
●渡辺香津美 ART FUSION;
(渡辺香津美/Guitar、Janek Gwizdala/Bass、Horacio"El Negro"Hernandez/Drums)
●鈴木茂 / 演奏予定曲:砂の女、100ワットの恋人 他
(鈴木茂/Vocal・Guitar、田中章弘/Bass、Dr.KyOn/Keyboards、柴田俊文/Keyboards、坂田学/Drums 他)
●ナニワエキスプレス / 演奏予定曲:メドレー:RED ZONE〜KOYA SAMBA〜CHARCOAL BREAK〜JASMIN〜9th MOUNTAIN HIGH〜BELIEVIN'
(清水興/Bass、岩見和彦/Guitar、中村建治/Keyboards、東原力哉/Drums、青柳誠/Keybords・Sax)
●高中正義 SUPER BAND / 演奏予定曲:BLUE LAGOON、THUNDER STORM 他
(高中正義/Guitar、斉藤ノヴ/Purcussion、岡沢章/Bass、宮崎まさひろ/Drums、小島良喜/Keyboards、重実徹/Keyboards、稲葉なるひ/Guitar)

◆<LIVE IN TOKYO CROSSOVER NIGHT>オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報