誰でもカンタンに曲作り!自動作曲・伴奏作成・音楽支援ソフト最新バージョンMac版「Band-in-a-Box 20 for Mac」が登場

ツイート
イーフロンティアは、PG Musicの自動作曲、伴奏ソフトのシリーズ最新作「Band-in-a-Box 20 for Mac」を2月1日より発売する。

「Band-in-a-Box(バンド・イン・ア・ボックス)」は、自動作曲・伴奏作成の定番ソフトとして世界中で愛され続けている音楽自動生成ソフトウェア。好みの音楽スタイルを指定するだけで、メロディー、ピアノ、ストリングス、ギター、ベース、ドラムなど、各パートをあっという間に作曲する。もちろん自動作曲だけでなく、ユーザーがコードを指定すれば、その進行に沿ったあらゆる音楽ジャンルの伴奏が得られる。その伴奏はスタジオ・ミュージシャンの生演奏で、まるで自分の曲をプロの編曲家にアレンジしてもらっているかのような贅沢が味わえるのだ。

バージョンアップによる新機能としては、まず効果音素材の取り入れが可能になった点が挙げられる。自然の音(雨音、雷、鳥や虫や声、波の音など)やドラムビートなどをソング内に取り入れられ、サウンドトラック制作やループを活用した音楽制作がしやすくなっている。楽器練習にうれしいのが、「練習用テンポ」機能。指定範囲を繰り返して演奏する際、だんだんと速くするなどテンポを徐々に変えることができるようになっている。

膨大なスタイル(伴奏パターン)を持つBand-in-a-Boxだが、そのスタイルを探す際に使用するスタイルフィルター機能も拡張された。特定拍子のスタイルだけ、指定テンポと全く同じテンポのスタイルだけといった検索が可能になったほか、スタイルピックウィンドウ内でも文字フィルター機能を実行することができるようになっている。


▲コードを並べていくだけでカンタンに伴奏が作成可能(画面左)。伴奏のスタイルは数多くのジャンルを網羅、バリエーションも豊富(画面右)。

リアルトラックの演奏技術の改良も注目だ。リアルトラックはプロミュージシャンの演奏を録音したオーディオ素材を使ったもので、まさにリアルな伴奏を生成してくれる。今回の改良で、メジャートライアドにさらに賢く対応。ソングのキーを考慮しながらメジャートライアドのコードを扱う。また、たとえば、1拍分のフレーズを2つ繋げて演奏するなど、2拍分の長さのコードでの演奏が一層良くなっている。そして、ギターアンプ・シミュレーター「AmpliTube CS」が付属。ギターアンプを含まないクリーンなサウンドで演奏する「ダイレクト入力版」のリアルトラックギター/ベースをGarageBandなどのDAWに書き出し、付属のAmpliTube CSを使ってギターサウンドを自由に構築することが可能だ。

このほか、現行小節の設定ダイアログで変更が一目瞭然に、ブレイクをメロディー/ソロパートにも適用可能になるなど、操作性そのままに大幅な進化が図られている。

パッケージはスタイルや演奏データの収録数によりBasicPak(DVD-ROM 1枚)、MegaPak(DVD-ROM 3枚)、EverythingPak(2.5インチHDD)の3グレードをラインナップ。それぞれの収録コンテンツ数は、デモソングは約780/3,700/10,100曲、伴奏スタイルはそ540/2,400/4,500種類、スタイルセットは5/78/78セット。オーディオ素材によるリアルドラムは8/65/282種類、リアルトラックは68/211/1,351種類が収録される。このほか、BasicPak、MegaPakには解説本付きもラインナップする。対応OSはMac OS X 10.4以降。CPUはIntel CPUのみの対応となる。

◆Band-in-a-Box 20 for Mac BasicPAK
価格:12,800円
◆Band-in-a-Box 20 for Mac BasicPAK 解説本付き
価格:14,800円
◆Band-in-a-Box 20 for Mac MegaPAK
価格:24,800円
◆Band-in-a-Box 20 for Mac MegaPAK 解説本付き
価格:26,800円
◆Band-in-a-Box 20 for Mac EverythingPAK
価格:49,800円
発売日:2013年2月1日

◆Band-in-a-Box 製品詳細ページ
◆イーフロンティア
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス