八代亜紀、ヘレン・メリルとニューヨーク公演開催

ツイート
30年ぶりとなる八代亜紀のアメリカ公演が決定した。ジャズ・シンガーとして、NYの名門ジャズクラブに出演するもので、敬愛するヘレン・メリルとの共演を果たすことになる。

◆八代亜紀画像

2012年10月にリリースされたジャズ・アルバム『夜のアルバム』は大ヒットを記録しており、世界75か国で配信され世界デビューを果たした作品でもある。「演歌の女王」として揺るぎない地位を築いてきた彼女の「ジャズ・シンガー」としての評価は、日本国内のみならず米国からも寄せられている。伝説のジャズ・シンガー、ヘレン・メリル(82歳)からは、「亜紀さんは、持ち前の美しく官能的な歌声で、才気と温かみにあふれた歌を聴かせてくれます」と絶賛の声が届けられた。

クラブ・シンガーが歌手としての出発点だった八代亜紀にとって、ニューヨークでのライヴ、尊敬するヘレン・メリルとの共演は望外の夢だ。今回のニューヨーク公演実現にあたり、ヘレンは八代からの共演のオファーを快諾、夢の共演の実現となった。

会場はマンハッタンのジャズクラブ、バードランドだ。1949年にオープンし、チャーリー・パーカーやマイルス・デイヴィスなど数多くの著名ミュージシャンが出演してきた名門クラブでで、八代亜紀がアメリカ公演を行うのは、1983(昭和58)年以来、実に30年ぶり。しかもジャズでの公演は今回が初のことだ。

「ニューヨークのジャズクラブでのライヴ、そして尊敬するヘレン・メリルさんとの共演と、ふたつの夢がいっぺんに叶うことになり、本当に嬉しく思います。希望を胸に銀座のナイトクラブで必死に歌っていた、10代の頃の亜紀ちゃんに教えてあげたいくらいです。ニューヨークでも、“歌の心”をしっかりと観客の皆様に届けられるよう精一杯頑張ります」──八代亜紀

ライヴでは、お互いのソロ歌唱に加え数曲でデュエットも披露されるという。「ニューヨークのためいき」と称されるヘレン・メリルと、「トーキョーのためいき」の八代亜紀が、どのようなはーみにーを奏でてくれるのか、魅惑のハスキー・ヴォイスがニューヨークの夜を彩ることになる。

<AKI YASHIRO with Special Guest Helen Merrill(仮)>
3月27日(水)
@バードランド (ニューヨーク、マンハッタン44丁目)
※公演詳細はオフィシャルホームページにて、1月下旬に発表予定。
http://www.birdlandjazz.com/

◆八代亜紀オフィシャルサイト
◆八代亜紀レーベルイト
この記事をツイート

この記事の関連情報