末期癌を公表したウィルコ・ジョンソン、お別れ公演を発表

twitterツイート
先日、末期のすい臓癌を患っていることを公表したウィルコ・ジョンソン(65歳)が、3月にUKでお別れ公演を開くことを発表した。

◆ウィルコ・ジョンソン画像

ジョンソンのマネージャーは10日ほど前「大変悲しいですが、ウィルコが最近、末期のすい臓癌と診断されたことをお知らせします。彼は化学療法を受けないと選択しました」との声明を出していた。

UK公演はロンドン(3月6日)、ビルストン(7日)、ホームファース(8日)、グラスゴー(9日)で開かれる。「4公演は、ウィルコが長年に渡り応援してくれたファンへ心から感謝を表する機会となる」とコメントされている。このほか2月にフランスでの4公演、UKシェフィールドでの3公演が予定通り開かれるようだ。

ジョンソンは1月に来日公演を開いたばかり。現在はまだ肉体的苦痛はなく、少なくとも数ヶ月は活動を続けていくつもりだといい、ニュー・アルバムやライヴDVDの制作を計画しているという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス