【ライブレポート】THE CHERRY COKE$、満員のファンが出迎える渋谷クアトロに“帰航”

ツイート

2012年7月4日にメジャーから初となるアルバム『BLACK REVENGE』をリリースしたTHE CHERRY COKE$、パンクキッズやロックファン、さらには全国のライブハウスや音楽関係者にも大きな衝撃を与え注目を集めた彼らが、<Revenge Of The Phantom Ship>ツアーを1月18日(金)渋谷クアトロにて無事に完結させた。

◆THE CHERRY COKE$ 画像

アルバムリリース直後には、初参加となった<京都大作戦2012>の牛若ノ舞台のトリを務め、7月31日からこの1月18日の渋谷クアトロのファイナルまで、全国31公演に及ぶツアーを実施。ツアー中にも各地のイベントや企画ライブ等にも参加し、活動のスタンスは一切変えず、ライブバンドとしての実力を磨き続けてきた。

そうして迎えた渋谷クアトロでのツアーファイナル。長い航海から地元に帰ってきた彼らを出迎えようと、フロアは超満員のキッズたちで開場直後から“盛り上がる準備万端!”といった熱気に満ちていた。SEと共に、突如スクリーンにバンドの代名詞といえる海賊のムービーが流れ始めると、早くもフロアはヒートアップ。メンバーが登場し1曲目の「LUMBER JACK RIOT」を演奏し始めた瞬間からステージ上もフロアも一気に熱狂の渦へと巻き込まれていき、1曲ごとに発生するモッシュとダイブの嵐は最後まで尽きることがなかった。

本編18曲を演奏し、バンドがステージをあとにしても鳴り止まない歓声。その声に応えるようにメンバーがステージに再登場し、KATSUO(Vo)が「お前らいい奴らだな! 本当にありがとう!」と感謝の気持ちを伝えてアンコール2曲を披露した。それでも騒ぎ足りないフロアのキッズたちは、客電が付いても帰ろうとせずにメンバーを呼び続ける。すると、まさかのダブルアンコールでメンバーが再々登場! HIROMITSU(Ba)の「本当に最後だ! お前ら騒げよ!」と最後にTHE CHERRY COKE$の代表曲のひとつ「BULLET FOR VAPID BEER」でツアーからの帰航を盛大に祝した。

KATSUO&HIROMITSUとフロアのキッズたちとのやり取りの言葉は少々荒めだが、そこにはTHE CHERRY COKE$と集まったキッズたちとの信頼関係と愛情を強く感じさせるものだった。

「ツアーの合間に音源制作もちゃんとしてっからよ!」というKATSUOの一言で、早くも新作への期待が高まる。また、彼らが主催する<special program“RASCAL VALLREY”>の6月開催も発表され、今年は東京だけでなく大阪でも開催されるという。これからの飛躍を期待させるTHE CHERRY COKE$。2013年も全国各地でライブを行なう計画を立てているようなので、情報はまめにチェックしておいたほうがよさそうだ。

<Revenge Of The Phantom Ship>
2013.年1月18日(金)渋谷クアトロ セットリスト
M-1.LUMBER JACK RIOT
M-2.BOUND PRISONER
M-3.ILL WEEDS GROW APACE
M-4.嘆きのメロディー
M-5.DEAD END
M-6.FIESTA
M-7.(IRISH) POLKA
M-8.1999
M-9.FORWARD AGAIN
M-10.アコースティックメドレー
M-11.BLUE PAIN(アコースティックVer.)
M-12.FRIENDS
M-13.Blow Away ~Rhapsody of mermaid
M-14.Rascal Trail
M-15.THE PHANTOM SHIP
M-16.My Story ~まだ見ぬ明日へ~
M-17.BEQUEATH
M-18.KISS IN THE GREEN~Drunken lovers nite~
【ENCORE 1】
EN-1.DRANK'em All~Rainynight & Whisky~RUDE BOY~SPEAK EASY(メドレー)
EN-2.BULE WORKER
【ENCORE 2】
EN-1.BULLET FOR VAPID BEER

5th ALBUM
『BLACKREVENGE』
発売中
TKCA-73779 ¥2,500(tax in)

◆THE CHERRY COKE$オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス