マイク・オールドフィールド、名曲のリミックス・アルバムをリリース

ツイート
マイク・オールドフィールドが、「Tubular Bells」や「Moonlight Shadow」などをリワークしたリミックス・アルバム『Tubular Beats』をリリースする。

◆マイク・オールドフィールド画像

曲は、オールドフィールドおよびドイツのDJ/プロデューサーTorsten“York”Stenzelがリミックス。オリジナルのメロディーやストラクチャーは残しつつ、エレクトロニックなテイストが加えられているそうだ。ギター・パートはオールドフィールドが新たにレコーディングしている。また、元ナイトウィッシュのターヤ・トゥルネンをフィーチャーした新曲「Never Too Far」も収録されるという。

マイク・オールドフィールドは2012年夏、ロンドン・オリンピック開会式でパフォーマンス。久しぶりに公の場に姿を現した。

2月5日、Eagle Recordsよりリリースされる『Tubular Beats』の収録曲は以下の通り。

1. Let There Be Light (York Remix)
2. Far Above The Clouds (York Remix)
3. Ommadawn (オールドフィールド & York Remix)
4. Guilty (オールドフィールド & York Remix)
5. Tubular Bells (オールドフィールド & York Remix)
6. To France (York & Steve Brian Radio Mix)
7. Northstar (オールドフィールド & York Remix)
8. Moonlight Shadow (York & Steve Brian Radio Mix)
9. Guilty (York & Mike’s Electrofunk Remix)
10. Tubular Bells 2 (オールドフィールド & York Remix)
11. Never Too Far (新曲 with ターヤ・トゥルネン)

オールドフィールドは現在、ニュー・アルバムを制作中ともいわれている。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報