2012年7月、大阪・長居スタジアムで開催された<GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM>のアンコールで会場のファンをあっと驚かせたGLAY。2012年から、2014年のデビュー20周年記念へ向けた予定を公開したのだ。“7 BIG SURPRISES”と題されたこの発表は、(1)2012年12月5日(水) 46th&47thシングル「JUSTICE [from] GUILTY」「運命論」2枚同時リリース!、(2)2013年1月23日(水) 11th&12thアルバム『JUSTICE』『GUILTY』2枚同時リリース!、(3)2013年2月全国25万人動員「GLAY ARENA TOUR 2013 "JUSTICE & GUILTY」開催!、(4)2013年「GLAY ASIA TOUR 2013 "JUSTICE & GUILTY"」開催!、5月25日(土)香港:アジアワールドエキスポアリーナ、6月1日(土) ソウル:オリンピック・ジムナスティック・スタジアム、6月15日(土) バンコク:インパクト・アリーナ、7月6日(土) 台北:南港展覧館、(5)2013年7月27日(土)&28日(日) 函館・緑の島野外特設ステージにて、ライブ開催!、(6)デビュー20周年ドーム公演開催!、(7)2014年 GLAY EXPO開催! 開催地は東北!。

◆GLAY、12thアルバム『GUILTY』~拡大画像~

そのうちの2番目となる(2)2013年1月23日(水) 11th&12thアルバム『JUSTICE』『GUILTY』2枚同時リリース!のうちの『GUILTY』。『JUSTICE』が“正義”に対して、この『GUILTY』は“罪”という相反する表裏一体の二面性をうかがわせるタイトルだ。この『GUILTY』を詳しくご紹介しよう。

◆『GUILTY』

躍動感や生々しいバンド感が存分に引き出された『JUSTICE』に対して、『GUILTY』はGLAYの持つ歴史と構築美に裏打ちされた王道アプローチが取られていることが特徴的だ。絶妙に溶け合うギターのサウンドレンジ、ボトムを支えるリズム隊のサウンド、壮大なストリングスアレンジや多彩な鍵盤アレンジなどは、これまでのGLAYサウンドを極めたもの。共同プロデューサーの佐久間氏がエンジニアまで手掛けたという意味では、GLAYと佐久間氏によるサウンド的な結びつきをより発展させた作品であり、現在の集大成といって過言でないだろう。

その大河の一滴となるリズム録りがスタートしたのは2010年のことだったという。じっくりと楽曲に向き合ったうえで長年録りためてきた作品は、いわばGLAYがGLAYサウンドに成り得るための構築術や、彼らならではの常識にとらわれぬ音作りも綿密に編み込まれている。レコーディング開始から2年以上の歳月を暗示するかのように深化したサウンドが堪能できるというわけだ。

アルバム『GUILTY』の幕開けは3分を超える壮大なオーケストラの調べだった。「Red moon & Silver sun ~My Private“Jealousy"」と題されたこのナンバーは、<GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2011-2012 RED MOON & SILVER SUN>のオープニングSEと既発シングル「My Private“Jealousy"」をひとつの作品として成立させたもの。オーケストレーションによるインストにバンドサウンドが加わるというアレンジ、その転換が実に鮮やかだ。序章と疾走ロックチューンをつなぎ合わせるといった力業だけでは成し得ないアプローチには、言うまでもなく楽曲クオリティの高さ、音質や構築力の高さが重要な要素となってくる。それはもうポッと出のバンドではやりたくてもできないような代物であり、高みを目指そうとする意志なしに実現不可能。だからこそ、この1曲だけで揺るぎないGLAYサウンドが実感できて、アルバム『GUILTY』の世界に引き込まれる。

その楽曲アレンジは、メンバーを軸に佐久間氏が鍵盤奏者として、またストリングスアレンジャーとして加わるカタチで行われた。収録された全10曲は、これまで通り各パートが有機的な親和性を保ちながら、壮大なスケールを描いた温かさに溢れている。たとえば「冬の遊歩道」は、アコースティックギターとピアノ、ストリングスの音色でスタートする柔らかなバラードだが、それでいて見事な昂揚感を伝えるエモーショナルなギター・ソロにはHISASHIならではの鋭利な感性が反映された。TAKUROのトラディショナルなギターサウンドとは対称的なHISASHIのシンセ的エフェクティブサウンドが響く「華よ嵐よ」のツインアレンジは、GLAYの真骨頂と言っていいだろう。

また、「初恋を唄え」や「冬の遊歩道」に代表されるGLAYのスタンダードなミディアムチューンでは、ひとつひとつの音に感情を込めるかのようなJIROのメロディアスなベース・フレーズがTERUの歌う叙情的なメロディラインを一層盛り上げる。一方で「華よ嵐よ」のようにR&B的な4つ打ちディスコチューンは新機軸ながら、16分音符のノリを感じさせるJIROのプレイがGLAYらしいビート感を演出して痛快だ。

うたパスでは1月29日から2月6日の8日間、2枚のアルバム『JUSTICE』『GUILTY』から20曲に加え、厳選した10曲を加えた合計30曲を、チャンネル名「新作リリース記念! GLAYスペシャル」として期間限定で提供している。ツアーの初日となる2月23日の大阪城ホール公演まで、これらの楽曲を聴きながらステージを想像するのもいいだろう。いままでAndroidのみ対応だったものがiPhoneとiPadにも対応になっている。

12thアルバム『GUILTY』
CD DVD \3,500(税込) PCCN-00007
CD ONLY \2,500(税込) PCCN-00008
1.Red moon & Silver sun
~My Private “Jealousy”
2.everKrack(album ver.)
3.FACTORY
4.冬の遊歩道
5.華よ嵐よ
6.キリノナカ(album ver.)
7.初恋を唄え
8.Bible
9.Ruby's Blanket
10.君にあえたら
DVD
RX-72 -GUILTY EDITION-
・HISASHI&茂木淳一による「RX-72」(MUSIC ON! TV)のスペシャルプログラム「GUILTY編」
・メンバー別にレコーディングエピソードや対談にて『GUILTY』を徹底解剖
・2012.12.10 Zepp DiverCity公演より「My Private "Jealousy"」「君が見つめた海」「Ruby's Blanket」「everKrack」を収録!
・HISASHI&茂木淳一によるJUSTICE&GUILTY TALK
※2月から行われる全国アリーナツアーのチケット先行予約封入

◆GLAY×うたパス特集サイト