寺井尚子、アニバーサリーに放つ最新作『セ・ラ・ヴィ』

twitterツイート
『ライムライト』以来のレギュラー・カルテットによる寺井尚子の最新作『セ・ラ・ヴィ』が1月30日に発売となった。運命的にジャズに出会って30年、プロ・デビュー25年、CDデビュー15年というアニバーサリー・イヤー2013年を記念してのリリースだ。

◆「ラスト・タンゴ・イン・パリ組曲」パフォーマンス映像

最新作『セ・ラ・ヴィ』の聴きどころは、なんといっても9分強に及ぶ「ラストタンゴ・イン・パリ組曲」であろうか。孤高のサックス奏者ガトー・バルビエリが作曲した愛と破滅の旋律を持つこの映画音楽を、寺井自身がメドレーにしてドラマティックに仕立て上げたもので、寺井のエモーショナルなヴィオリンが、時に激しく時に切なく胸に迫る名演がパッケージされている。

アルバムには、寺井尚子がジャズを志すきっかけとなった名曲「ワルツ・フォー・デビー」、エディット・ピアフのシャンソン「バラ色の人生」、リシャール・ガリアーノと共演した前作のライヴ盤『リベルタンゴ・イン・トーキョー』にも収録した「フーリア」といった魅力的な楽曲が収録され、至高の寺井尚子ワールドへ誘ってくれる。

4月11日(木)の名古屋ブルーノート公演を皮切りに、大阪、東京、宮城にてアルバム『セ・ラ・ヴィ』を引っ提げての全国ツアーもスタートする。



寺井尚子『セ・ラ・ヴィ』
2013年1月30日発売
TOCJ-68098 \2800(税込)
1.真珠採り(ジョルジュ・ビゼー)
2.ラスト・タンゴ・イン・パリ組曲(ガトー・バルビエリ)
ラスト・タンゴ・イン・パリ(メインテーマ)~リターン~
ピクチャー・イン・ザ・レイン~お別れ~ラストタンゴ・イン・パリ(アフロ)
3.バラ色の人生(エディット・ピアフ=ピエール・ルイギ)
4.燃えつきるまで(寺井尚子)
5.ワルツ・フォー・デビー(ビル・エヴァンス)
6.センチメンタル・ストリート(北島直樹)
7.フー・リア(リシャール・ガリアーノ)
8.心の音、愛の歌 (寺井尚子)
9.イン・ザ・スカイ(店網邦雄)
※メンバー:寺井尚子(Vln)、北島直樹(Pf)、店網邦雄(B)、中沢剛(Dr)
※録音:2012年9月26~27日

<寺井尚子"セ・ラ・ヴィ"ツアー2013>
4月11日(木)・12日(金)愛知名古屋ブルーノート
各日1st. 17:30 OPEN / 18:30 START 2nd. 20:30OPEN / 21:15 START
[問]名古屋ブルーノート052-961-6311
4月24日(水)・25日(木)大阪ビルボードライブ大阪
各日1st. 17:30 OPEN / 18:30 START 2nd. 20:30 OPEN / 21:30 START
[問]ビルボードライブ大阪06-6342-7722
5月18日(土)東京日本橋三井ホール
16:15 OPEN / 17:00 START
[問]ホットスタッフ・プロモーション03-5720-9999
5月25日(土)宮城仙台市民会館小ホール
16:00 OPEN / 16:30 START
[問]ノースロードミュージック 022-256-1000
◆チケット詳細&購入ページ
◆寺井尚子オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス