ポール・マッカートニー、ストリートミュージシャンと間違われる

twitterツイート
電車の中でポール・マッカートニーを見かけたら、それだけでも驚きだが、歌い出したとしたら…。想像の域を超えた出来事に、乗客のリアクションは「大道芸人だと思って無視」だったそうだ。

◆ポール・マッカートニー画像

公共の交通機関をよく利用すると話していたポール・マッカートニーは、日曜日(2月3日)スーパーボウル観戦のため訪れていたニューオリンズでもトラム(路面電車)を使ったそうだ。そして、車内でザ・ビートルズの曲を口ずさみ始めたという。

目撃者は『Daily Mirror』紙にこう話している。「男性が乗り込んできて、ザ・ビートルズの曲を歌い始めたんだ。みんな、無視してたよ。だって、この街にはストリートミュージシャンがいっぱいいるからね。その後、彼は僕の友人に直接、歌いかけたんだ。それで、ポール・マッカートニーだって気づいた。ビックリだよ」

それから車内は大騒ぎになったようだ。「車内にいる人みんなと一緒に歌い始め、写真におさまった。こんなこと、一生に一度の経験だよ」

マッカートニーは「A Hard Day's Night」に始まり、ザ・ビートルズのヒット曲メドレーを披露したそうだ。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報