松崎しげる、フランスにて「愛のボラーレ」初披露。「次は日本でやろう」

ツイート

2月6日に発売されたチコ&ザ・ジプシーズのアルバム『愛と情熱のジプシーズ』に参加したシゲル・マツザキこと松崎しげるが、現地時間の2月16日、フランス・アルルで行なわれたチコ&ザ・ジプシーズのコンサートに招待され、コラボ曲「愛のボラーレ」を熱唱。その歌唱力と肌の黒さで、集まった1000人のフランスのオーディエンスを魅了、圧倒した。

◆チコ&ザ・ジプシーズ、松崎しげる画像(パティオ・ド・カマルグ)、ミュージックビデオ

会場は、バンドリーダーのチコが所有し、ジプシー音楽の聖地とされる「パティオ・ド・カマルグ」。松崎しげるは黒のタキシードに赤いシャツで登場。チコから「彼は本当に日本人なのか?」と言わしめた歌唱力で「愛のボラーレ」を熱唱。曲が終わるとスタンディンオベーションが沸き起こるほどの熱烈な歓迎を受けた。さらに、ライヴ終盤では観客のアンコールを受け、再びステージに登場。「ボラーレ」を再度絶唱し、日本でのステージ同様、パワフルな存在感を魅せた。

今回のライブ共演は、「愛のボラーレ feat. シゲル・マツザキ」レコーディングのために2012年11月にパリに訪れ、チコ&ザ・ジプシーズとセッションした中でメンバーが松崎の実力に感服。「次はライヴやりたいよね」と両者間で意気投合し、忙しいスケジュールの合間を縫って決定された。

チコと「次は日本でやろう」との約束もすでに交わしているという両者。2013年も恒例のチコ&ザ・ジプシーズの来日公演が予定されているとのことで(日程調整中)、意外に早く日本でもこの熱い共演が実現しそうだ。



◆チコ&ザ・ジプシーズ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報