『ROCK AND READ』46号から見えてくる、松岡充が愛される理由

ツイート
2月27日に発売となるパーソナルロングインタビュー集『ROCK AND READ』46号に、表紙・巻頭として同誌初登場となるSOPHIAの松岡充が登場する。

◆松岡充画像

SOPHIAは、3月6日に活動再開後初のオリジナルアルバムとなる『未来大人宣言』をリリースし、続けざまに同作を引っ提げての大規模な全国ツアーをスタートする。いってみれば、2014年の結成20周年に向けてのスタートダッシュを華々しくきったわけだが、『ROCK AND READ 046』では、2011年に奇跡的な復活を果たしてからの激動を、松岡目線でドキュメントタッチで追いかけている。

特に、活動休止の要因になったキーボードの都のガンのこと、2013年1月に訪れた松岡の祖母の死のことにも触れ、松岡の死生観についても深く話されているが、祖母の死の際に起こったというある不思議な出来事は、その場にいた関係者全員が思わず涙した感動的な話だ。はからずも、SOPHIAがファンに愛され続けてきた理由、松岡が男性にも兄貴的に慕われている理由が見えてくる2万字インタビューになっている。完全撮り下ろしによるたくさんの写真も、そんな松岡の“男らしさ”“骨太さ”を強調した、大人のセクシーさにあふれたものになっているので、注目してほしい。

なお、裏表紙は2012年12月に活動休止したSuGの武瑠が飾っている。これが活動休止後、当面の間“最後”のインタビューになるとのことで、ここに至った本当の裏側から、未来に向けて描いている壮大な絵図のことまで、かなりぶっちゃけたところで話している。なお、武瑠はSOPHIAの松岡の大ファンであることを公言しているが、撮影はともに平野タカシ氏が手掛け、武瑠もまた、男らしさを強調した荒々しい写真になっている。松岡も武瑠も、どちらかというと“可愛い”イメージでとらえられることが多いと思うが、それを払拭するような平野氏の硬派な撮り下ろし写真も、ロングインタビュー同様、見ごたえのあるものだ。

『ROCK AND READ』46号
2013年2月27日発売
A5判:240ページ 1260円
・松岡充[SOPHIA]
・武瑠[SuG]
・Aiji[LM.C]
・みく[アンティック-珈琲店-]
・玲央[lynch.]
・玲夏[ダウト]
・瑠伊[vistlip]
・夕霧[DaizyStripper]
・宮脇渉[12012]
・景[Sadie]
・ヒィロ[ν[NEU]]
・一色日和[己龍]
シンコーミュージック・エンタテイメント
この記事をツイート

この記事の関連情報