リンジー・ローハン、ピットブルとの訴訟争いで敗訴

ツイート
リンジー・ローハンが、ピットブルに対して起こした訴訟に敗訴した。2011年にリンジーは、ピットブルのヒット曲「ギブ・ミー・エブリシング」に「リンジー・ローハンみたいにムショにぶち込まれちゃうぜ」という歌詞が使われていることを理由にピットブルを訴えていた。

◆リンジー・ローハン画像

リンジーは、ピットブルに対して自分の名前を使用する許可を与えたことは一度もないと主張し、同曲から得た収益の一部を要求していた。しかし、2月21日(木)ニューヨーク州連邦裁判所は、同曲は芸術活動における単なる表現にすぎないもので、アメリカ合衆国憲法修正第1条で保障された権利、表現や宗教の自由に則っているとし、リンジーの起訴を却下している。さらに判事は、曲中でリンジーの名前が使われているのはごく一部であることから、リンジーが訴えた精神的苦痛の訴えを一蹴している。

そんなトラブルの多いリンジーだが、多々ある法廷トラブルからくるストレスを乗り越えられるよう、最近は家族の助けを得ているようだ。
この記事をツイート

この記事の関連情報