【ライブレポート】サーターアンダギー、その活動に幕

ツイート
山田親太朗、森公平、松岡卓弥によるサーターアンダギーが、2月24日東京SHIBUYA-AXにて解散コンサートとなるラストライブを行った。会場には1500名を超える熱烈なファンが結集、別れを惜しみつつも大きな声援が響く中、メンバーは新曲「サーター行進曲」や人気曲メドレー、アカペラなど、2時間半におよぶステージを披露した。

◆サーターアンダギー画像

本公演はメンバー全員で手掛けたセルフプロデュースで行なわれ、最後までファンを盛り上げ、それぞれの道を歩み始める前向きなメッセージも込めた見事な演出で、彼らの成長を十二分に感じさせる公演となった。

リーダーの山田は「ありがとう。皆の胸に届くまで伝えたい」と感謝を繰り返すと、新選組リアンでも活躍する森は「“ゆいまーる=仲間”という絆が生まれた」と3年間の思い出を振り返った。アルバム『Second Departure』(5月15日発売)でソロデビューが決定した松岡は、「それぞれが新たな成長を果たしたい」と意気込みを語り歓声を浴びた。感動のステージは、フジテレビONEにて3月31日20時より放送され、DVDがサーターアンダギー最後の作品として4月17日に発売される。

サーターアンダギーは、2010年2月にシングル「ヤンバルクイナが飛んだ」でデビュー。オリコンTOP10に数多くの楽曲をランクインさせ、これまでにシングル8枚、アルバム2枚、ライブDVD1枚を発表してきた。2012年「ライブ総動員数1万人」「イベント総動員数3万人」「配信ダウンロード総数5万DL」「CD総出荷枚数10万枚」を年間目標に掲げ、達成できない場合は解散を公約していたが、CD10万枚をクリア出来ず解散が決定。初のコンプリートベストアルバム『サーターアンダギー完にへーでーびる~ヤンバルクイナは飛びたった~』が、2月20日に発売されたばかりとなっている。3年間の集大成となる作品の発表とともに、最後のステージを有終の美で飾り、サーターアンダギーはその活動に幕を降ろした。

『サーターアンダギー LIVE 2013 「とりあえず解散!」 ~略して“TORI-KAI(鳥会)”~』
2013年4月17日(水)発売
PCBP-52245 \4,200(税込)

「サーターアンダギー 完 にへーでーびる ~ヤンバルクイナは飛びたった~」
2013年2月20日(水)
PCCA-03796 [CD三枚組] ¥3,500(税込)
●山田盤 (DISC1)
1.ヤンバルクイナが飛んだ
2.沖縄に行きませんか
3.青春バタアシ
4.真夏の天使
5.질주 ~疾走~ [君が好き Korean Mix]
6.Dreamer(TAKUYA's solo singing)
7.GirLY LADY
8.Thank you!おおきに!ありがとう!(KOHEI's solo singing)
9.Clap Your Hands
10.ティーダ カンカン
11.僕らは遠い昔、海からやって来たんだ。
12.君を守る
13.大切な人
14.けーりょーさい
●森盤 (DISC2)
1.The Main Event
2.Sun Shine Mind
3.君が辻
4.ずっと... サーターアンダギー×新選組リアン
5.サーター数え歌
6.めくるめく
7.円満triangle(SHINTARO's solo singing)
8.少年
9.赤い花
10.会いに行くからね
11.明日へ feat.TETSU from SHINSENGUMI LIEN
12.ラフラフ体操
13.恋物語
14.道
●松岡盤 (DISC3)
1.君が好き
2.ひまわりの観覧車
3.YELL(エール)~輝くためのもの~
4.卒業
5.タカラモノ
6.SWORD & SOUL
7.Laugh, Laugh [ラフラフ体操 Korean Mix]
8.愛しています(TAKUYA's solo singing)
9.再会(SHINTARO's solo singing)
10.僕は待っているから サーターアンダギー×新選組リアン
11.ヒトツヒトツブ
12.December 24
13.夢の扉
14.サーター行進曲

◆サーターアンダギー・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報