男女2人組ユニット・Salley、シングル「赤い靴」で5月29日にデビュー決定

twitterツイート

有線放送やFMラジオ番組などでデビュー前から早くも話題となっている男女2人組ユニット・Salley(サリー)が、5月29日にデビューシングル「赤い靴」をリリースする。

◆Salley アーティスト画像、「赤い靴」ミュージックビデオ

ボーカル・作詞担当のうららと、ギター・作曲・アレンジメントを手掛ける上口浩平からなるユニット、Salley。ふたりの出会いは2012年。故郷でのバンド活動に限界を感じて上京した上口が、知人に誘われて出掛けたライブハウス。そこでギターを片手に弾き語りをしていたのがうららだった。華奢でありつつも凛としていて力強く、聴き手の心をキュンと突き刺す威力を秘めた彼女の独特の歌声から、「J-POPとアイリッシュトラッドの哀愁とエモーションの融合」というインスピレーションを受けた上口。そこでライブ後、上口は彼女に声を掛け、ふたりは「J-POPとアイリッシュの融合」という共通言語で意気投合。うららが以前から好きだったというアイリッシュトラッドの名曲「Down by the Salley Gardens」から彼女が命名したSalleyをユニット名とし、ユニット結成に至った。

Salleyの最大の特徴は、うららの声。地声とファルセットを巧みに操るこぶしや唄い回しが洋楽的で、オリジナルの世界観を生み出している。また、J-POPにアイリッシュサウンドを融合させた彼らの音楽スタイルは、アイルランドのロックバンド・クランベリーズを彷彿とさせ、“和製クランベリーズ”とも称される。

そんなSalleyが、5月29日にシングル「赤い靴」でメジャーデビューすることが決定した。うらら作詞、上口浩平作曲の本作は、死ぬまで踊り続ける呪いをかけられた赤い靴を履いた少女の物語という、アンデルセンの同名童話と同じタイトルがつけられた。中学生までクラシックバレエを習っていたうららならではの1曲で、繊細で可憐なボーカル、ダンサブルなギター・サウンドと毒のある詞世界の奇妙でポップなバランスという、Salleyの原点ともいえる要素が顕著に感じられる楽曲に仕上がっている。またカップリングには、アーティスト名の由来にもなった「Down by the Salley Gardens」が収録されることが決定している。

「一人でも多くの方に私たちの歌を聴いてほしいという想いでいっぱいです。今のJ-POPシーンに新しい風を起こすべく、デビュー曲『赤い靴』が皆さんに届くのを楽しみにしています」、上口は「デビューはまだスタート地点ですので、まずは自分たちが表現したいロック感や洋楽をルーツとしたサウンドを取り入れた音楽を、僕たちSalleyなりの表現で着実にやっていきたいです。そして皆さんのCDライブラリーの1枚を飾り、新たなムーブメントが作れるよう頑張ります。」── うらら(Salley)

Salley「赤い靴」は、2月8日放送のJ-WAVE『TOKYO REAL-EYES』にて先行オンエアされたところ、番組に多数の問い合わせがあり、2月20日には、渋谷・O-nestにて行われた<J-WAVE TOKYO REAL-EYES "LIVE SUPERNOVA"vol.80>にデビュー前でありながら出演。メジャーアーティストに引けを取らない、力強いパフォーマンスで約200名の観客を魅了した。3月1日には同番組への自身初となる生放送ゲスト出演も決定している。

また、J-WAVEで楽曲が流れたのをきっかけに、有線放送にもリクエストが多数寄せられ、オンエアされている。2月20日集計の「週間 USEN HIT J-POPランキング」では、早くもデビュー前に異例のTOP30入りを果たした。

さらにSalley、3月16日には中京テレビのイベント<NAGOYA BEAUTY LIVE>に出演することが決定している。


◆Salley オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報