J-WAVE春のキャンペーンソングは、亀田誠治プロデュースによるスピッツの新曲

ツイート

J-WAVE(81.3FM)春のキャンペーンソングに、亀田誠治プロデュースによるスピッツの新曲が決定した。

◆スピッツ画像

これは2013年3月18日(月)~5月6日(月・祝)まで春のステーションキャンペーン『TOKYO NEW STANDARD ~トーキョーはまっすぐ歩かないほうがオモシロイ~』を実施するもので、メインストリートを歩いているだけでは気がつかないような、新たな発見に満ちた東京人の“NEW STANDARD”を番組やイベントを通じて数多く提案していくという。

そんなキャンペーンのイメージを牽引するのが、日本の音楽シーンで幅広く活躍する音楽プロデューサー、亀田誠治だ。そして、デビュー以来独自の立ち位置のまま日本のトップクオリティをひた走るスピッツだ。はたして、どのような化学反応が起こるのか…、きっと春うららかな爽やかな作品ができるのではないだろうか…、ドキドキが止まらない。

「毎年、J-WAVEの春のキャンペーンソングを聴くとなぜかワクワクします。まるで東京のキラキラした希望を感じるような。その感覚は、東京で生活する人たちにとっても心の支えになるものだと認識しています。そんなキャンペーンソングのプロデューサーを務めることができるのは本当に光栄なこと。スピッツにしか鳴らすことができない、最新かつ最良のエバーグリーンな音楽を目指していますので、オンエアをお楽しみに!」──亀田誠治

このキャンペーンソングは、3月18日(月)以降、J-WAVEの放送で随時、独占オンエアされるので、チェックを。

◆J-WAVEオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス