ストーン・テンプル・パイロッツ、スコット・ウェイランドを解雇

ツイート
ストーン・テンプル・パイロッツがフロントマンのスコット・ウェイランドを解雇した。理由は明かされておらず、ウェイランドにとっても寝耳に水だったようだ。

◆ストーン・テンプル・パイロッツ画像

バンドは水曜日(2月27日)、オフィシャル・サイト(Stonetemplepilots.com)に「スコット・ウェイランドを正式に解雇した。現時点ではこれ以上の情報は伝えられない」との声明を発表した。

何よりこれに驚いたのがウェイランドだ。マスコミの報道によりこのニュースを知ったという彼は、『Rolling Stone』誌にこんなコメントを寄せている。「マスコミの報道を読んで、今朝、俺がストーン・テンプル・パイロッツから“解雇”されたらしいことを知った。自分が結成しフロントを務め、多くのヒット曲を共作しているバンドからどうやったら“解雇”されるのかわからないが、それは弁護士が突き止めてくれるだろう。とにかくいまは、金曜日からスタートするソロ・ツアーでみんなに会うのを楽しみにしている」

ヴェルヴェット・リヴォルヴァーを脱退したウェイランドは2008年にストーン・テンプル・パイロッツを再結成。2010年にアルバムをリリースし、2012年もツアーを行なっていた。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報