稲垣潤一、グリーンテック・レーシングチームの監督に就任

ツイート

稲垣潤一が、スーパーGTのグリーンテック・レーシングチームの監督に今シーズンから就任する事になり、3月1日に都内で会見が行われた。

◆稲垣潤一画像

無類の車好きでも知られる稲垣潤一は、自らハンドルを握ってのレース参戦経験も持っているが、監督を務めるのは初めてだ。2012年10月に知人を通じてオファーを受けたという彼は、「サーキットに足を運ぶと、子供の頃に帰ったような気になりワクワクします。僕が監督を引き受けた以上は、昨年を上回る成績にしたいと思います!」と監督就任の抱負を語った。

会見終盤には、事務所の後輩でもあるAKB48の竹内美宥が花束贈呈に表れ「今年のレースは、どこかで必ず見に行きます!」とエールを送った。さらにサプライズ・ゲストとして登場したレーサーの片山右京は「憧れの存在で、お会いすると緊張します。でも(自身が)ライバルチームの監督でもあるので、サーキットでは正々堂々とやりたい!」と交戦宣言。又、かって稲垣が参戦していたレースでは、メカニックとしてタイヤ交換をやっていたというという仰天エピソードも披露された。

稲垣監督が率いるグリーンテック・レーシングチームの開幕戦は、4月6日に岡山国際サーキットで開催される。
この記事をツイート

この記事の関連情報