【イベントレポート】<Forest For Rest SATOYAMAへ行こう>開催。嗣永桃子「“ももちの木”でみんなハッピーになれると思うんですよ!」

twitterツイート

アップフロントグループが推進するSATOYAMA movementのイベント<Forest For Rest SATOYAMAへ行こう>が、3月2日からパシフィコ横浜にてスタートした。

◆<Forest For Rest SATOYAMAへ行こう>開会式 画像

テレビ番組からスタートし、2012年の6月に本格始動したこの取り組み。イベントの開会式には、イメージキャラクターであるピーベリー(和田彩花・鞘師里保)をはじめ、モーニング娘。、Berryz工房、℃-ute、スマイレージ、矢口真里、藤本美貴、林マヤ、そしてゲストのつるの剛士ら38人が登壇。里山(都市と自然の間にある、人が利用してきた森林)の大切さや、農業、アウトドア、DIYといった取り組みを通しての自然との共生、ライフスタイルを呼びかけた。

なお、同ステージにおいて、新プロジェクト・SATOUMI movementの始動も宣言され、ここから生まれた3組の音楽ユニットも発表された。誕生したのは、℃-ute・鈴木愛理とBerryz工房・菅谷梨沙子による最上級ディーヴァ・デュオ「ダイヤレディー」(ふたりとも誕生石がダイヤモンド)、Berryz工房・徳永千奈美と夏焼 雅、そして℃-uteの矢島舞美と岡井千聖からなる「メロウクアッド」(4人が豊潤な海の妖精・人魚のようであることから命名)。そして℃-uteの中島早貴と萩原舞、モーニング娘。の石田亜佑美と生田衣梨奈、スマイレージの福田花音の「Plumeria」(情熱的で気品ある女性になるよう、熱帯地方に咲くプルメリアから命名)。代表して、“唯一無二の最上級”と紹介され、思わず下を向いて照れていたダイヤレディーから鈴木愛理が、「SATOYAMAに続いてSATOUMIもみなさんの身近に感じていただけたら。」と、新プロジェクトをアピールした。

さらに、アウトドアが好きというゲストのつるの剛士は、「何が起こるかわからないし危険性もあるけど、五感で自然を感じながら子どもたちと一緒に遊んでいる。」と、自身の自然との関わり方についてコメント。藤本美貴も「子供が成長して歩けるようになったら、雪とか土とか木登りとか、自然の中で一緒に遊びたい。」と、親として自然の中で子どもを育てたいと話した。

“イチゴに囲まれたお部屋でゆっくりしているというイメージがあるものの、実は夏休みになると家族と朝4時に起きてカブトムシを捕りに行ったりするギャップを持つ魅力的な女の子”(すべて本人談)であるBerryz工房の嗣永桃子は、SATOYAMA&SATOUMIで7組の音楽ユニットがあるものの、なぜかどこにも所属していないことを訴えながら、「(ひとりで活動するなら)桃の木を植えて“ももちの木”と命名して育てたらみんなハッピーになれると思うんですよ! SATOYAMAにも関連するし、ももちも目立てるし、最高だなって思います。」と、いつもどおり。ところが、報道陣に「どの辺に植えたい?」と、想定外のツッコミを受けると、「どの辺に? えっと……アイドル王国の端でいいです。」と、しどろもどろ。この発言について、ほかの会見参加メンバーや報道陣、スタッフから「逃げたなぁ。」と口々に言われて「じゃあ、世界の中心に!」と言い直し、「(世界の中心がどこかは)人それぞれ見方がありますので。」と、なんだかよくわからない展開へ。ただ、そんなももちの姿を見て、つるのは思わず「強ぇ……ハート強えなぁ。」と感心しながら呟いたのであった。

なお、このイベントは翌3月3日もパシフィコ横浜にて行なわれる。入場は無料。

text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)
◆かわいこちゃんねる
◆SATOYAMA movement
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報