クイーン、ロンドンで初めてコンサートを行なった場所に記念プレートが設置される

twitterツイート
1970年、クイーンがロンドンで初めてコンサートを開いた場所…ブライアン・メイの母校でもある名門大学インペリアル・カレッジに記念プレートが設置された。

◆クイーン画像

メイは同大学の掲示板に張り出したドラマー募集の広告を通じロジャー・テイラーと知り合い、クイーンの母体となるスマイルを結成。その後、フレディ・マーキュリーが加入しクイーンと名乗るようになった。インペリアル・カレッジでのギグは1970年7月18日に行なわれている(ジョン・ディーコンはまだ加入していない)。

火曜日(3月5日)、学内で開かれた除幕式にメイとテイラーも出席。メイは「初めてちゃんとしたギグをやったのが、インペリアルのユニオン・ホールだった。ものすごくよく覚えている。この場所でいろんな人たちを見てきたからね。僕は(在学時)エンターテイメント委員会の一員だったんだ。土曜の夜毎週、バンドを押さえてた。ジミ・ヘンドリックスに頼んだこともある。だから、僕らにとってこのステージでプレイするのは夢だったんだ」と話している。

これは、英国の著作権管理団体PRS for Musicが4年前にスタートした、ミュージシャンと縁の深いロケーションを記念するHeritage Awardプロジェクトの一環。同アワードはこれまで、ブラー(East Anglian Railway Museu)、ダイアー・ストレイツ(Detford)、エルトン・ジョン(Namaste Lounge)らが初めてギグを行なった場所に贈られている。

Ako Suzuki, London

◆インペリアル・カレッジ・サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報