【インタビュー】FOUR GET ME A NOTS、強烈なグルーヴと疾走感・強いメッセージを併せ持った男女混合3ピースバンド

twitterツイート

【3人がいいと思ったものをしっかりと作り込むことができたっていう感じは、これまでで一番強いアルバムだと思います】

──新たな要素も興味深いアルバムなんですが、今回のアルバム制作に関して、音楽的な幅を広げようみたいなディスカッションはあったんですか?

石坪:いや、あんまりそういう話し合いはなかったですね。いつものように好きに作ってきて、3人で合わせてみて、良いなら活かすっていう。だからアルバムに音楽的なテーマを持って曲を作ったわけではないんです。ただ、軸としてあったのは、お客さんと、より共有しやすいとか共感しやすいっていうことで。口ずさみやすいとか耳に残りやすいとかっていうことは話しましたね。新しいってことで言えば、今回のアルバムには阿部の曲が3曲入っているんですよ。さっき話した「Independence」と「By your hands」と「Stop keeping things as you are」。ここまで阿部の曲がアルバムに入るっていうことは初めてなので。

──阿部さんの楽曲には、ある種ストレートで痛快なわかりやすさがありますね。

石坪:そうですね。今までは僕と高橋が原曲を作っていたんですが、阿部が作るわかりやすさって僕らにはどうしても出せないところで。それを今回3人でやったときに、すごく良いと思えたんです。ひねくれたところがないんですよね。僕らはどうしてもちょっとひねってやろうというところがあると思うんですけど。

高橋:ストレートに彼がイメージしているライヴでの映像みたいなものがすごく伝わってきて。

──FOUR GET ME A NOTS本来のメロディの良さや駆け抜けるようなサウンドスタイルを核に、作曲者として三人三様の個性も浮き彫りになった感があります?

石坪:3人がいいと思ったものをしっかりと作り込むことができたっていう感じは、これまでで一番強いアルバムだと思いますね。

──歌詞はメッセージ性の高さがありますが?

石坪:いつもレコーディング直前にそのときに思ったことをストレートに書いているんです。特に「Left behind」は、僕は去年身内の不幸が人生で初めてあって。元気だった人も居なくなってしまうことを強く感じたんです。でも、その人が残してくれたものがあるから、今の自分が居られる。だから、自分が駆け抜けていくのもいいけど、結果なにも残らない人生はいやだなと。なにか残していかないと、つながらないんだなっていうことを感じて書いた歌詞ですね。

──続けること、つなげることの重要性というか。

石坪:そういうことを僕も伝えていきたいと思ったし、そういう歌詞が入っています。

──歌詞も楽曲もクレジットはバンド名義ですが、やはり3人で作っているという気持ちが強いですか?

高橋:やっぱり詞も、一緒に行動している3人だから同じことを思っているだろうっていう部分があるんですよね。

石坪:楽曲を3人で仕上げていることに変わりはないので。

──なるほど。楽器プレイヤーとしても充実度の高いアルバムに仕上がっていると思うのですが、ベーシストとしての聴かせどころは?

石坪:「Cosmos」はいろいろやってますね。

高橋:曲を持ってきたとき、ドヤ顔ばりに、「これ良くない?」って言ってました(笑)。

石坪:そうだっけ(笑)? これは『BLINKS』のジャケットっぽいイメージを意識して作りました。イントロのダビング部分はリバースのエフェクトを使って宇宙っぽさを出しているんですよ。

──どの曲もメロディアスなフレーズが入ってくるところも印象的だったのですが?

石坪:手グセみたいなものですけどね。フレーズを動かすベースが好きなんですよ。L'Arc~en~CielとかGOING STEADYもそうなんですけど、耳コピしようとしても、なにを弾いているのか聴き取れないくらい動いていますよね。そういうベースが好きで。でも、ライヴで歌いながら弾くために練習しなきゃなっていう。作ったあとに後悔するパターンはあります(笑)。

──ははは(笑)。ギター的にはいかがでしたか?

高橋:今回はソロをすごく考えましたね。その曲の第二のメロディとしてソロをどう表現していこうかっていうことを考えたりとか。やっぱり主メロに沿える音であり、曲の風景を作る音っていうか。そういうコード感だったりとかは意識しました。バッキングでもパワーコードで鳴らすところと、6本の弦を全部鳴らすところとか。今回は、今まであまり使っていなかったクランチサウンドを多用して、曲の抑揚を表現したいなということも考えましたね。

──その抑揚という部分はボーカリストとしての高橋さんにも感じるところで。

高橋:それはやっぱり意識してます。自分がメインとして歌うときは女性の声でしっとりと歌うのが良いときもあるし、逆に力強く歌うのがいいときもあるので、自分の声も楽器として使えたらなっていう気持ちがあります。

──という、聴きどころ満載のアルバムタイトルを『BLINKS』と名付けたのは?

石坪:“BLINKS”っていうのは、もともと僕らが下北沢SHELTERでやっていた自主企画ライヴのタイトルだったんです。出演バンドそれぞれの輝きを放つみたいな意味を持たせていたんですが、今回のアルバムのタイトルにもふさわしいと感じて。1曲1曲が別の色を持っていて、別の輝きを放っている。それに加えて、アルバム全体を通して宇宙っぽさを表現したいなっていうところもあってこのタイトルにしました。

──アルバムを引っ提げての全国ツアー<BLINKS TOUR>も決定しています。

石坪:アルバム収録曲のほとんどは演るつもりです。それプラス、旧曲を混ぜたロングセットなステージで全国を廻りたいと思います。

高橋:なので、よりBLINKSなステージになると思います。

取材・文●梶原靖夫



3rdフルアルバム『BLINKS』
3月6日(水)発売
KICS-1891 ¥2,300(tax in)
01.Walk together
02.Arrow
03.By your hands
04.Milestone
05.Independence
6.Left behind
07.Cosmos
8.Rivals
9.Stop keeping things as you are
10.Same sky, same ground
11.Lifework
12.Sunflower

<FOUR GET ME A NOTS×KNOCK OUT MONKEY Premium Show Case>
Surpported by TOWER RECORDS×smart
3月10日(日)タワーレコード渋谷店B1「CUTUP STUDIO」 START 17:00
■対象タイトル:
2013年3月6日発売
・FOUR GET ME A NOTS Full Album『BLINKS』
・KNOCK OUT MONKEY Mini Album『reality & liberty』
■入場方法:
ご予約者優先で、対象店舗にて対象商品をお買い上げの方に先着で入場予備券を配布します。
■対象店舗(タワーレコード):渋谷店、新宿店、池袋店、秋葉原店、横浜モアーズ店
■問い合わせ:タワーレコード渋谷店 TEL:03-3496-3661
イベント詳細はこちら:http://tower.jp/store/kanto/Shibuya/event

<FOUR GET ME A NOTS "BLINKS TOUR">
2013.3.16(sat)千葉LOOK
2013.3.20(wed)福山Cable
2013.3.22(fri)高松DIME
2013.3.23(sat)松江AZTiC canova
2013.3.24(sun)福岡CB
2013.3.29(fri)大阪Shangri-La
2013.3.31(sun)名古屋APOLLO THEATER
2013.4.6(sat)磐田FM STAGE
2013.4.7(sun)甲府KAZOO HALL
2013.4.13(sat)長野上田Radius
2013.4.14(sun)金沢vanvanV4
2013.4.19(fri)札幌BESSIE HALL
2013.4.21(sun)八戸ROXX
2013.4.22(mon)盛岡Club Change
2013.4.24(wed)宮古KLUB COUNTER ACTION
2013.4.25(thu)大船渡FREAKS
2013.4.26(fri)石巻BLUE RESISTANCE
2013.4.29(mon)仙台Park Square
2013.5.2(thu)渋谷CLUB QUATTRO -TOUR FINAL-

◆FOUR GET ME A NOTS オフィシャルサイト
◆FOUR GET ME A NOTS オフィシャルサイト
◆FOUR GET ME A NOTS オフィシャルサイト
◆キングレコード

◆インタビュー(2)へ戻る
◆インタビュー(1)へ戻る
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon