SOPHIA、全国ツアーがスタート。「裏切らないSOPHIAの姿、生きる意味を、活動する意味を伝えられるように。」

ツイート

4年ぶりのリリースとなったニューアルバム『未来大人宣言』ジャケットで、ボーカル・松岡 充のフルヌードも話題となっているSOPHIA。彼らがそのアルバムを引っさげての全国ツアー<SOPHIA TOUR 2013 未来大人宣言>(20ヶ所33公演)を3月10日、横浜BLITZでのファンクラブ限定公演からスタートさせた。

◆<SOPHIA TOUR 2013 未来大人宣言>初日 画像

今回のツアーは、東日本大震災や一昨年のキーボード・都啓一のガン発病によるバンド存続の危機から奇跡の復活を経て作り上げたアルバム『未来大人宣言』を引っさげて、約6ヶ月という長期に渡る。松岡はアルバム、ツアーについて「これまでで最も時間をかけて創ったアルバム。これまでの経験や試練を経て、今だからこそ”粋”な大人になろう。そんな願いを込めて作ったアルバム。今回はこのアルバムを引っさげて20年目に繋がる、非常に意味のあるツアーになると思う。」と語っている。

初日となった横浜BLITZ。SOPHIAのライブのオープニングテーマであるエディット・ピアフの「愛の讃歌」が流れると、会場を埋め尽くした観客は一気にヒートアップ。立て続けにハードなナンバーで会場を興奮のるつぼへと昇華させていく。「これほど待ちに待ったツアーもなかったです。」という松岡の言葉に嘘はない。メンバーも皆、同じ想いだ。

途中、松岡を中心とした、時にフレンドリーに、時に感動的なMCも挟みながら、新作アルバム『未来大人宣言』からの楽曲はもちろん、期待を裏切らないおなじみの楽曲も交えた全20曲。初日とは思えない圧巻のステージであっという間の約2時間30分は幕を閉じた。

「今回は会場に応じて数パターンのセットリストを用意しました。リハはその分たいへんだったけど、このツアーでいろいろな顔のSOPHIAを見せたいと思う。」「このライブで皆の心の中の悲しみを、すべて期待の持てる夢へと変えて会場を後にしてもらえるように。この場所に憧れて集まってくれた皆に、裏切らないSOPHIAの姿、生きる意味を、活動する意味を伝えられるように。SOPHIAはそんな心づもりで、役割りをもって、このツアーを回りたいと思います。」

そんな松岡の言葉は、いち早く会場に集まった観客の胸にしっかりと刻まれたに違いない。

<SOPHIA TOUR 2013 未来大人宣言>ファイナルを迎えるのは8月12日の日本武道館公演だ。

◆VARKS
◆SOPHIA オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報