NE-YO、セリーヌ・ディオンとデュエット

ツイート
NE-YOがセリーヌ・ディオンとのデュエット曲をレコーディングしたようだ。NE-YOは、セリーヌとスタジオで「非現実的な」時間を過ごしたようで、デュエットのオファーを受けた時には嬉しかったものの、自分の歌手としての力量が足りるか心配になったとデジタル・スパイ誌に話した。

◆NE-YO画像

「まずはセリーヌのために曲を書いたんだ。非現実的な感じだったよ。そしたらなんと実際に彼女とデュエットすることになったんだ。彼女と僕が一緒に歌ってるんだよ。いくら控えめに言ってもチャレンジだったよ!自分が何をしてるのか理解するのに精一杯だったくらいさ。セリーヌの歌になんで僕の声が必要なんだろうって思ったね」

「セリーヌは今回の曲をデュエット曲にしたいって言ったんだ。とっても嬉しかったよ。でも自分のボーカルの力量が足りるか疑問だったけどね」

NE-YOはこれまでにセリーヌの他にも様々なミュージシャン達に楽曲を提供しており、最近では数曲がビヨンセの新作アルバム収録曲として採用されている。NE-YOは「ビヨンセのニューアルバムのトラックリストがリークされたのを見たんだけど、僕の書いた曲が数曲入ってたんだ。いいニュースだよね。とっても嬉しいよ」と語り、続いてリークされたトラックリストが本物だと思うかと尋ねられると、「分からないね。だってアルバムがちゃんと発売されるまでは真相は分からないじゃないか」と答えている。
この記事をツイート

この記事の関連情報