アクセル・ローズ、投げたマイクがファンに直撃し訴訟?

twitterツイート
ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが投げたマイクでファンが怪我を負ったため、アクセルが訴えられることになりそうだ。

◆アクセル・ローズ画像

9日(土)にオーストラリアのパース・アリーナで行われた同バンドのライブ終盤で、アクセルが観客に向かって投げたマイクがその場にいたダレン・ライトさんに直撃し、前歯2本を損傷し口の中に怪我を負ったという。ダレンさんは、完治するには歯科医での治療費に数ヶ月で5000ドル(約48万円)もかかるため、治療費を請求するため法的措置に乗り出したところだと話している。

「客席ではまぶしい光と閃光で何も見えなかったんです。気付いた時には、口の辺りが麻痺していましたよ。最初は殴られたのかと思いました。ショックが大きかったので、状況を把握するのに数秒かかりましたね。口の中に歯のかけらがあるのが分かりました。そしたら誰かが私の足の上に乗っかって来て、マイクをつかんだんです」「まさかアクセルが意図的にしたことだとは思いませんが、私に向かって直撃したのは事実です。コードレスのマイクって軽くはないんですよ。この程度の怪我で済んだことに驚いているくらいです。少なくとも、歯を治すために誰かに払ってもらいたいものですね」

今回の訴えを受けてガンズ・アンド・ローゼズのツアー・プロモーターは、ダレンさんに今回の事故について謝罪した上、アクセルのサイン入りマイクをプレゼントするという内容のメールを送っているが、ダレンさんはその申し出を断ったという。「実際問題、マイクをもらっただけで私の歯が治るとか治療代に十分だとは思えませんね。私は4人の子どもを持つ父親で、ここパースで家族は私の収入だけを頼りに暮らしているんですから」
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報